自律神経失調症・お腹のお悩み専門|あま市フルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

『異常は無いけれどしんどい』にお答えします。AST/ALT編

血液検査のAST・ALTについて

当院では自律神経失調症、産後うつ、起立性調節障害、不眠などといったお悩みの多く対応しております。

最近では鍼灸の施術に加えて、栄養療法で日常生活の過ごし方をアドバイスしているのですがその時に血液検査のデータを持ってきて頂き、拝見をしています。

多くの方がこのように言われます。

 

「病院では異常は無いと言われました」

 

あなたはどうですか??

 

ここでクライアントさんが不安になるのは異常は無いと言われたけれども体調がしんどいというところ。

異常がないなら体調は快調でありたいわけですがどうもそうではない。

だからこそ迷ってしまうわけです。

今日はその中でも血液検査中AST/ALTという項目について見ていきたいと思います。

 

AST・ALT

これは僕の血液検査の値です。

AST(GOT)、ALT(GPT)という項目があります。

ややLDHが低いことは置いておいて今日はAST/ALTを見ていきます。

古い教科書ではGOT、GPTと呼ばれます。

 

AST、ALTは一般的な解釈では肝臓の数値とされていますが栄養学的にはアミノ基転移酵素という酵素ですから代謝に関わるものです。

ちなみに代謝というのはAという物質からBという物質に作り変えること。

このAST/ALTも代謝に必要な材料なのです。

AST/ALTともにタンパク質、ビタミンB6から作られます。

それらが足りなければタンパク質とビタミンB6が足りないということになります。

そしてそれらが足りなければタンパク質の合成、アミノ酸を作り変える代謝がうまくできません。

ちなみにASTは心臓や筋肉に多く、ALTは肝臓に多いです。

数値の異常があればその点を疑いたくはなります。

 

さて、病院では異常がないけれどしんどいというのはなぜ起きてくるのでしょうか?

病院ではASTの基準値10~40、ALTの基準値6~40、この範囲内に入っていれば高値、低値に※が付きます。

しかしこの両者の関係性まで触れられることはあまりありません。

ここが問題!

対して栄養学的にはAST/ALTの理想値は20/20。

それらが2以上開いていればビタミンB6の不足。

そもそも両者が低値AST/ALT=15/7とかですとタンパク質の消化吸収ができていない、代謝も悪いし、ビタミンB6も不足していると考えれます。

つまり、低タンパクかつ低ビタミンB6ということになります。

このように両者の関係まで触れられることは少ないから異常がありませんという話になりがちです。

高かったら肝臓よくないですねという話になるとは思います。

ちなみに自律神経失調症や産後うつ、起立性調節障害でお悩みの方はこのAST/ALTが低く、この両者の差が開いているパターンが非常に多いです。

 

AST・ALTの低値、差の開きで何がある?

先ほどもお伝えしたようにAST/ALTともに低値の時は低タンパク質です。

そもそもそれらがタンパク質でできている酵素ですからね。少ないということは低タンパクです。

じゃあ少ないと何がいけないのか?

AST、ALTがあることによって人の体のエネルギーを作り出すミトコンドリアの働きが良くなります。

ここからは少し専門的な話

ALTの活躍で非必須アミノ酸のアラニン→αケトグルタル酸→グルタミン酸・ピルビン酸ができます。

ASTの活躍で非必須アミノ酸のアスパラギン酸→αケトグルタル酸→グルタミン酸・オキサロ酢酸ができます。

ちなみにこれらがあることによってミトコンドリア内のクエン酸回路・TCA回路がぐるぐる回ってエネルギーになります。

なければエネルギーは作れません。

だから疲れるし、体調不良になるわけです。

 

そしてその両者の差が開くとどうなるのか??

ASTとALTの差が2開くとビタミンB6不足。

あまりピンときにくいところではありますがこのビタミンB6は必須アミノ酸のトリプトファンを幸せホルモンであるセロトニンに変えます。

そしてそのセロトニンはマグネシウムなどによって睡眠に関わるホルモンであるトリプトファンに変わります。

よってセロトニンがなければ幸福感は感じられなく、不眠にもつながりかねません。

それらの点を考えても自律神経失調症、産後うつ、起立性調節障害でお悩みのクライアントさんにAST/ALTが低値、差が開いている人が多いことも納得できるのではないでしょうか?

あなたもご自身の血液検査のデータを見てみるとわかりやすいかもしれません。

 

なぜ??

その背景にはタンパク質を削らないといけなかった理由が考えられます。

むしろ背景がめちゃめちゃ大切!

糖質過多からの低血糖もその一つですし、ストレスによる副腎疲労もその一つです。

運動不足によるミトコンドリア機能低下もその一つです。

そして問診・カウンセリングなどしながらご自身を知ると見えてくるかもしれません。

また鍼灸と栄養療法を兼ね合わせればそれらの点の解消に繋がりますので体調が良くない、不眠が続くなどといったお悩みをあなたがお持ちの場合はぜひ一度ご相談くださいませ。

 

以上、今日は病院では異常がないと言われたけれどしんどい理由、AST/ALT編でした。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

筋トレをすると疲れが溜まりにくくなる3つの理由

意外や意外な筋トレと疲労感の関係

筋トレをしましょう!とよく耳にしますがなかなか行動に移せないという人も多いのではないでしょうか?

 

あなたはどうですか??

 

むしろ「家に帰ってきてまで疲れることをしたくない。」という声も聞こえてきそうですが実は筋トレをすると疲れが溜まりにくくなるんです。

 

筋トレをすると疲れが溜まりにくくなる3つの理由

①ミトコンドリアが増える

人の体にはミトコンドリアと呼ばれる簡単にいえばエネルギーを作り出すでっかい工場があるわけです。

筋トレ、そこまでいかなくても運動をすることでミトコンドリアが増えるのでエネルギーを作り出す工場を増やすことができます。

エネルギーが作れないともちろん疲れます。

 

②グリコーゲンと呼ばれる糖をたくさんストックできるようになる

人はまず糖・グリコーゲンをエネルギーに変えます。

その変える先の工場が細胞や先ほど触れたミトコンドリアなんですがそのグリコーゲンを実は肝臓と筋肉にストックすることができます。

もちろん筋肉の量が多い人ほどストックできます。

スマホで例えるなら携帯用の充電器の大きさとパワーがついてくるわけです。

活動していても筋肉がない人よりも疲れにくくなります。

 

③ストレスの解消になる

これは運動している最中のことを考えてみるとイメージしやすいですかね。

自分と向き合っているんです。

瞑想状態と同じような感覚です。

ストレスフリーな状態、誰かを意識するとか、社会での競争から離れることができる自分の時間が作れます。

 

※もちろん度を越すときついので負荷は自己調整でお願いします。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

誰でも出来る!メンタル面の安定や疲れにくくなるオススメ補食調理法

超簡単補食調理!

 

人類にとって血糖値をコントロールすることは大切です。

よく糖尿病目線で書かれているものを目にしますよね。

しかしながらもともと古来から血糖値を下げないようにする仕組みがメインに設計されています。

なぜなら獲物を狩っていた時代を想像してみてください。

いつ食料にありつけるか分からない時代ですから血糖値は下がり、生命の危機に瀕するわけです。

そのため、血糖値を上げる仕組みがメインに設定されています。

 

え?

現代は豊食だから血糖値が下がることはないって?

 

いえいえ。

そんなことはありません。

 

現代でもあらゆるお身体のお悩みの背景には低血糖症状が隠れていることは非常に多いです。

例えば食後、気を失うように眠たくなるとか。

手汗をかくとか。

夜間に寝汗をかいたり、夢を見る。

寝て起きても首や肩が凝っていて疲れが取れない。

夕方くらいになると腹が減ってイライラしてくる。

メンタル面の不調が夕方になるとある…など。

その背景には低血糖症状が潜んでいます。

 

簡単に書いていくと以下の図になります。

寝ている時を例に挙げます。

基本的に人の血糖値は空腹時90が理想です。

しかし、このように90を下回る場合があります。

その差を埋めるためにアドレナリンやコルチゾール(抗ストレス、体内時計を整える役割)を出します。

そのため寝ているのにアドレナリンが出て緊張感が抜けないため疲れが取れない。

お昼間にコルチゾールを使い果たしてしまうことから体内時計が狂って朝起きれないと言ったお悩みが出てきます。

 

ちなみにアドレナリンが出るのは闘いの時。

手汗をかき、身体の末端は冷えます、食欲も出ません。

それが日頃から起きているわけです。

 

どうすればいいか?

結論から申し上げると血糖値90あたりを維持できればいいわけです。

そのため日中の補食が大切です。

食後2~3時間で血糖値が下がり始めます。

そうすると手汗をかいたりイライラしたり考えがまとまらない

そんな経験ありませんか?

 

その時に補食を摂るのですが注意としてその質が大切です。

お腹が空いたからと言ってケーキを食べると血糖値がバカ上がりしてそしてガクンと血糖値が下がってしまいます。

そしたらまた同じことの繰り返しになってしまいます。

 

当院では芋、栗、ゆで卵、生蜂蜜を推奨しています。

今日は誰でもできる!寝ている間でもできる。

超絶簡単補食調理法をご紹介します。

 

誰でもできます!

①まずサツマイモを用意してください。

②そのサツマイモをよく洗って炊飯ジャーに入れます。

③水を200ml入れる

④炊飯ボタンを押す

⑤寝て待つ(別の作業をする)

⑥時間が来たら炊飯ジャー開ける

⑦切る

この時点で相当甘〜く。香ばしい。

⑧盛り付ける

皮は剥く派なので剥きました

 

芋を洗って、炊飯ジャーに入れて、炊飯ボタンを押すだけです。

 

食べ方

食後2~3時間。

手汗をかきやすい人はジドッとしてきたら食べる。

よく噛む。

30〜50噛みして食べましょう。

身体がしんどすぎる時こそコーヒーは控えましょう。

ノンカフェインのホット麦茶がオススメです。

 

補足

自律神経のバランスを整えておくとさらに吉!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

寝てるけれど寝た気がしない意外な理由

実は寝ながら戦っている?

当院では新型コロナウィルス以降自律神経系の治療を行うことが増えてきました。

多いのは眠れない、疲れが取れない、朝が起きれない、寝ても寝た気がしないなどなど。

 

今日はなぜ寝たのに休まらないのかと言う部分を掘り下げていきたいと思います。

自作でこのような図を作りました。

あくまでイメージです。

血糖値の理想は90。

寝て熟睡ができている人や寝てスッキリして疲れが取れると言う方は90で安定しています。

その時は寝ながら成長ホルモンやコルチゾールと言うホルモンの活躍があります。

 

しかし、寝ても寝た気がしない人などは90を下回っています。

じゃあこの差をどうめているのか?

副腎から出るアドレナリンやノルアドレナリン、膵臓から出るグルカゴンと言うホルモンで血糖値をあげます。

特にアドレナリンを考えていくとアドレナリンというのは戦いのときにブワッと出るホルモンです。

つまり、寝ながらにして緊張しているわけです。

そのため、寝汗をかいたり、歯ぎしりをしたり、緊張が抜けないので寝違いが起きたりしてしまいます。

 

全然休まりませんね。

 

ここで気をつけたいのは血糖値が上がる食事を寝る直前はやめる。

寝る間際のアイスクリーム、お酒。

他、寝る前のスマホも成長ホルモンの分泌に関わるので要注意です。

 

自律神経系のバランスを整えるのは鍼灸が非常に有効ですから日常の生活習慣で気をつけることと合わせて取り組んでいくと吉と出ます!

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

乳酸を嫌う必要はない?

乳酸は備蓄物

トレーニングや慣れない運動をする際に溜まるのが乳酸

疲労物質というイメージが強いですね。

僕もトレーニングしていてパツンパツンになってこれ以上トレーニングをできなくするものという位置付けでしたが…

どうもそうではないらしい。

 

図を自作してみました。

食べた糖が解糖系という代謝でグルコースと呼ばれるものからピルビン酸というものになります。

仮に酸素がある活動であればその次にミトコンドリア内で行われる代謝という過程に進みます。

しかしながら、酸素を用いない呼吸である嫌気性呼吸と呼ばれる過程においては上記の図のような経路をとります。

 

ピルビン酸が筋肉で乳酸を作り、次に血流に乗って肝臓に行きます。

ちなみにこの時乳酸はエネルギー源として備蓄されています。

つまり、体にとって必要だから乳酸ってできているのです。

その乳酸はピルビン酸に戻り、また再びグルコース、つまり糖として働くわけです。

この過程をコリ回路と呼びます。

 

乳酸⇄ピルビン酸この反応でナイアシンというビタミンBの一種が使われます。

勘のいいあなたはお分かりでしょうか?

俗に疲労物質と言われる乳酸。

ナイアシンがないと再び糖に戻ることはできません。

よってビタミンB群はこういうところでも大切であることがわかります。

ちなみに乳酸→ピルビン酸の代謝を低下させるのは運動不足です。

疲れるから運動したくな〜いという場合は乳酸が有効に使えない状態に向かって行っているのかもしれません。(戒め)

 

まとめますと乳酸は疲労物質とは言われますが実は糖に変わる重要なものです。

あくまで僕のイメージですが糖が形を変えてストックされている感じですかね。

そのストックされている乳酸を再び糖として使えるようにするにはナイアシン(ビタミンB3)が必要。

その糖として再び使えるようにしてあげるのは運動している人の方が得意というわけです。

揉んだりするよりも鍼で腸内環境を整えてナイアシンとってあげた方が乳酸を有効に使えるという仮説が立ちます。

うん。

これは役に立つ!

 

またこれからも情報を配信していきますね!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


電子問診票
ページのトップへ戻る