自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

カルシウム3倍!このキャッチコピー大丈夫?

カルシウム-マグネシウムの関係

カルシウムとマグネシウムはお互いに均衡を取り合う関係です。

シーソーのような関係です。

カルシウムが多ければマグネシウムは少なく。

マグネシウムが多ければカルシウムが少ない。

こんな関係性です。

 

結論からお話しすると現代人。

多くの場合カルシウムが多くてマグネシウムが少ないという人が多いです。

そのため、カルシウムが多く結石になる人が多かったり、マグネシウムが少ない結果足が攣ったり、便秘になったり、物忘れをしたり、マグネシウムはエネルギーを作る代謝にも使われますからマグネシウムが不足しても気力がわかないということも多いにあります。

ちなみにカルシウムは筋肉を硬くして、マグネシウムは筋肉を緩めます。

慢性的に筋肉が硬い人や慢性的な生理痛のあなたはマグネシウム不足かつカルシウム多いという関係性であることが推理できます。子宮も収縮しますからね。

 

つまり巷で見かける『カルシウム3倍!』みたいなのはこの画像のようなシーソーの関係になりあまりベターではない。

理想はカルシウムはぼちぼち、にがりや少しふんぱつしていいお塩をとってマグネシウムをしっかり確保したいところです。

ちなみに僕も乳製品好きなのでにがりでマグネシウムを摂取して乳製品を楽しんでます。

 

『じゃあ骨粗鬆症のおばあちゃんたちは?』という疑問もありますがこれはカルシウム自体の量が少なく、もちろんマグネシウムも少ないと思います。臨床やっててもだいたい足攣りやすいです。

共に必要な例です。

 

このように日常生活から考えてみても視点が広がる健康的な話題でした。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る