自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日午後、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

突然の鼻炎。簡単に解決した方法。

久々の鼻炎への一手

これは今日のお話し。

結論から言いますと鼻炎はもうおさまりました

今回のブログでは事の経緯とどんな方法をとったのかをお伝えします。

 

朝起きてからくしゃみ、鼻水、鼻づまり。

特に鼻水はすごい。

あなたも朝起きたら今日は調子いかんぞ!って時ありませんか?

 

花粉症シーズンが終わったとしても通年性の鼻炎がある人はいる訳です。

今日の僕みたいにもうすでに克服していてもその日の体調によって突然鼻炎が襲来することもある訳です。

現在、自粛ヒゲを密かに蓄えているので鼻の下のヒゲにも違和感を感じました。

朝一から患者さんが入っており確実にこの鼻水の出方はやばい。

マスクの下にティッシュを隠してもすぐに新しいティッシュが絶対に必要になる出方。

 

『久々に本気のやつだわ』

 

絶対に仕事に集中できない。

仕事に集中ができないというのは絶対にあかん。

お金頂いているのに申し訳ない。

 

患者さんが来るまで15分。

15分しかない。

15分もある。

それはどっちでもいいか。

その15分で僕が行った解決方法をお話しします。

 

急な鼻炎の解決方法

鍼です。

まず後頭部が硬くなっていたのと背中と首の境界部が硬く圧痛を感じました。

頭部に熱がこもっている結果鼻水が出ていると仮説。

特に左の鼻の穴から液体が漏れてくるのでここに鍼!!

これは脚のツボです。

ここに鍼をすると後頭部が緩みます。

このツボに鍼を打った瞬間に鼻が通り、鼻水が止まりました。

もちろん後頭部は緩んでいる。

 

次に手首のツボに鍼をしたところ。

完全に鼻水は止まりました。

10分程度です。

(その後、何食わぬ顔で施術に入りました)

 

久々にきた鼻水襲来の一手となりました。

現在午後ですがすごく快調です!!

 

そう!

世の中の鼻炎を解決する方法には鍼がある

 

鍼灸師による全力のセルフケアにより鍼灸は鼻炎に相当有力であるということが証明されたのであった。

 

追伸

鼻炎が起こるのも理由があります。

体の状態を確認してその理由を探し、鍼をすることで今日の僕のように鼻炎は楽になります。

鼻炎でお悩みのあなた!

ぜひ一度ご相談くださいませ。

※効果には個人差があります。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

副鼻腔炎を考える

副鼻腔炎と鍼灸

副鼻腔というのはこのようなものです。

(ムック本、鼻の経絡さすり参照)

 

簡単にいうと鼻腔という鼻の穴とつながっている目の奥や鼻の両側にある空洞を副鼻腔と呼びます。

またその役割が秀逸!

鼻から身体に取り入れた空気を37度の温度で湿度100%に調整してくれている!

感謝!

 

その副鼻腔を覆う粘膜が炎症。

副鼻腔と鼻をつなぐ管が鼻水や膿が溜まって閉塞、副鼻腔内の粘液が排泄されない状態です。

溜まったままになっていると副鼻腔内の病原体が溜まり続けて炎症が悪化。

においも感じにくく、頭痛がしたり、目の奥が痛い、耳が聞こえにくいなどのトラブルもあります。

 

鼻づまり、副鼻腔炎は鍼灸でも適応可能です。

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

鼻づまり解決のセルフケア

ペットボトル一本でできるセルフケア

 

花粉症やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎…。

鼻づまりが起きやすいです。

今日はペットボトル一本でできる鼻づまりのセルフケアをご紹介します。

 

動画で解説!鼻づまりセルフケア

 

インターネットでツボ押しの情報を仕入れるもののあまりよく分からない方やながらで行いたい方にはすぐに実践ができるセルフケアであると思います。

ぜひお試しください!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

副鼻腔炎って聞いた事ありますか?

副鼻腔炎とは?

当院は鍼灸院です。

施術をしていくと「鼻が通ってきた!」とおっしゃる患者さんは多いです。

鍼灸で鼻の症状にアプローチをすることは非常に有効です。

 

ではその中でも長引くと厄介な副鼻腔炎をお話しします。

実は僕は30年くらい鼻炎が半端なかったです。

鼻症状についてはまとめておきたいと思っていたので今年副鼻腔炎になったのを機にまとめていきます。

 

定義

一見、鼻風邪かなぁという症状でも裏には早期に解決しておきたい事柄があります。

それは副鼻腔炎。

簡単にいうと鼻腔という鼻の穴の内側の部分とつながっている鼻の奥の4つの部屋に炎症が起きた状態です。

 

この副鼻腔は外につながっているので細菌、ウィルス、花粉などが侵入してアレルギーを起こすこともあります。

その結果、副鼻腔粘膜の炎症が起き、鼻水、膿が溜まる、頭痛、発熱、歯痛などの症状が出てきます。

ちなみに僕は今年眉間がすごく痛い時期がありました。

ある程度自分で鍼を打ち寛解させたので耳鼻科に1回行ってお薬を頂いただけで良くなりました。

その時やったのは炎症を抑えるツボ、のぼせにアプローチする熱の循環を良くするツボを使いました。

 

参考文献

副鼻腔炎・蓄膿症 鼻の経絡さすり(わかさ出版)

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る