フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

妊婦さんの頭痛、つわり。30代女性 あま市スギヤマ治療院の症例報告

こんにちは。

今日は妊婦さんを治療した症例報告です。

妊婦さんは症状がきつくても薬を飲んだりできません。

そういった場面ではご本人が持っている自然治癒力を高めることが大切!!

そして楽になることでご本人はもちろんお腹の赤ちゃんもごきげんさんになります。

さて、今回の方は名古屋からいらっしゃった方。

なんとあの!!

じょーくわのYou tubeをみてくださったそうです。

現在妊娠5ヶ月。

まもなく安定期に入るところですが当院にいらっしゃるまで頭痛、つわりが相当ひどく気になっていました。

MAX10段階評価で。

頭痛は自覚症状(NRS)は9。体の中(と表現します)に聞いていくマインドPRTは8。

つわりは自覚症状(NRS)は4。体の中に聞いていくマインドPRTも4。

自覚も体の中も差はありません。

まず仰向けで検査

筋骨格系とメンタルで反応が出ました。

優先順位的に筋骨格系から。

頸部の左回旋で反応が出ました。

そこはまずアクティベータメソッドで対応。

うつぶせになってもらうためにこれを投入!!

ボディクッション。

僕が写真上でも押さえているスペースにお腹がハマりますので妊婦さんでもうつ伏せになることができ、その状態で治療も可能です。

『妊婦用のマットがかなり嬉しかったです!うつ伏せが出来て感動』とおっしゃってました。

開業時に導入して良かったです。

アクティベータメソッドでの治療後。

首の左回旋は取れましたがまだ頭痛のイメージで反応が出ますので【ブレインマップ直接法・右後頭部】を頭痛がしている時をイメージしていただき調整。

イメージでの反応が取れました。

頭痛の自覚症状は6になり、体の中では2になりました

次につわり。

ハード面での経絡を選択。

使用したのは左の膀胱経。(これはPCRT的なアプローチです。)

他の経絡のからみは在りませんでした。

つわりの自覚症状は3になり、体の中では0になりました

治療後に自覚症状と体の中に聞いていくものとで大きく差が出ることの意味をお話ししました。

ざっくりというと自覚症状の方が数値として大きいので自分の中枢で症状が作り出されている可能性がある旨をお伝えしたところ大変理解されておりました。

この日はこれで終了。

そして本日。

連絡がありました。

『あれから頭痛もなくなって、食べた後は口がまずいけれどつわりもかなり良いです!ありがとうございました。』と。

本当に嬉しかったですね。

患者さん自身もどうしたらよいのか数か月間苦しい思いをされたと思います。

そういったことを考えると快適に過ごせることに少しでも協力が出来て良かったです。

残りあと半分くらい月日はありますが楽しく出産を迎えられたらいいなぁと思います。

わたしはいつでも妊婦さんの味方です。

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

生理不定愁訴40代女性 あま市スギヤマ治療院の症例報告

今日は生理の不定愁訴でお悩みの方のお話をします。

わりと同じようなお悩みの方は多いと思いますが諦める必要はありません。

現在は週に1度のペースで通われている方。

先月の今頃は大変でした。

生理になり、襲ってくる頭痛、吐き気、腰痛、肩の凝り。

食事をするにも気持ちが悪すぎて途中で退席をすることもあったそうです。

当院にいらっしゃったのは紹介。

治療はアクティベータメソッドと心身条件反射療法で対応。

週に1回なのでそれから計4回。

今月の生理がきました。

その方がこう言ってました。

『そういえば頭も痛くないし、気持ちも悪くないし、腰も痛くないし、薬の存在すら忘れていた。』と。

ここまでの間。

アクティベータメソッドで腰周りや肩周りを中心に行い。

心身条件反射療法では感情面で【連帯感】や【義務感】を調整しました。

やはり症状は結果。

どこでブロックがあるのか?というところを考えて施術を行い、神経系のバランスを整えればおのずと症状は取れてきます。

『あ、そういえばないなぁ。』くらいに何げなく生活ができる。

これこそ健康というものだと思います。

これからも再発を防止すべく取り組んでいきたいと思います。

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る