フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

脂質は悪?

脂質とは?

脂質っていうと贅肉をイメージされる方が多いです。

なんとなく忌み嫌われている印象もあるっちゃあります。

しかし、すごく大切な役割をしているんです。

 

この表をみてください。(中村ひろきさんの教材を参考にしています。)

脂質はエネルギーになります。

人は細胞という小さな町工場とミトコンドリアという大きな工場でエネルギーを作り出します。

脂質はビタミンB2(体内では作れないのでサプリがオススメ)を利用し直接大きな工場でエネルギーを作り出す非常に優秀な存在なんです。

脂質の中でもそこに直接入り込むのが脂肪酸と呼ばれるもの。

脂肪酸はこのように分類がされます。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸と呼ばれるもので分類されます。

飽和脂肪酸は固形のものをイメージしてもらうとわかりやすいです。

バターやお肉やココナッツオイルとかがそれです。

対して不飽和脂肪酸は液体になってるもの。

サラダ油、亜麻仁油、オリーブ油がそれです。

ここで注意しておきたいのが不飽和脂肪酸の中でもオメガ6脂肪酸と呼ばれるものに分類するサラダ油は炎症を促進させたりしますので要注意です。皮膚炎、鼻炎などある方はお勧めできません。

対してオメガ3脂肪酸亜麻仁油、オメガ9脂肪酸オリーブ油は炎症を抑えます。

なので油は少々高くても良いものがオススメです。

その点はご家庭でもすぐに始められる部分ですね。

 

さて。

脂質とエネルギーに話を戻します。

脂質は糖質と違い長距離、たくさんのエネルギーを作り出す工程に関与しています。

すごく大切な役割をしているんですよ!!

その過程にはビタミンB群や鉄やマグネシウムやコエンザイムQ10などが関わって初めてエネルギーになります。

その点も併せて行なっていくことで疲れにくい身体になっていくことが期待できます。

 

もちろんそこにはストレスに順応できる健全な身体と精神。

快調な腸の状態がキーポイントにもなってきますのでその点は鍼灸でフォローしていくと掛け算の要素で違いがみられます!

ぜひ参考にしてください!!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

疲れたら糖!意外な落とし穴も…

糖って?

「疲れたら糖」

これは一回は耳にしたことがあると思います。

実は体の中ではこんな感じになっているんです。

これはエネルギーに変わる工程をまとめました。

中村ひろきさんの教材を参考にしてます。

 

体のエネルギーになるのは糖、脂質、タンパク質。

家庭科や理科でもやる3大栄養素です。

エネルギーというのはATPと呼びますがこのATPができる仕組みは2つあり、大きな工場と小さな工場で作られます。

すぐにエネルギーが出来上がる小さな工場。

いくつもの工程を経てガツンと出来上がる大きな工場。

その2つの仕組みがあります。

 

今日はこの図全部を語りませんが糖についてお話をします。

糖はこの図で言えば一番左。

糖はピルビン酸というのに変わりその時に2つエネルギーができます。

小さな工場はスピード感はあるのですぐにエネルギーができるけれど数が少ないのが特徴です。

 

その糖からピルビン酸に変わる時にビタミンB群を使って変換させます。

糖とビタミンB群のセットでピルビン酸。

その時にエネルギーが2つできます。

 

つまり糖だけとっていてもビタミンB群がないとエネルギーには変わらないんです。

ここが落とし穴!

ビタミンB群がないとエネルギーに変わらない、じゃあまた食べたい、あれっ?

エネルギーがないから疲れが取れない。

糖を取りたい…という無限ループに陥ってしまう。

その間に血糖値は上がったり、取りすぎた糖が脂肪に変わったりします。

 

少し前に学校給食でパンと牛乳とマーガリンなど塗るものとプラスその他という献立がSNSに上がっていました。

今挙げたようなパターンになりやすいのでこの場合ですとお肉やお魚などを加えてあげるとベターなのかなと感じました。

色々と事情があるので否定しているわけではないです。

 

僕はビタミンB群をしっかり摂ってます。

ぶっちゃけた感想!

20代の比にならないくらい目覚めもいいし、疲れがたまらないです。

 

甘いものが好きな方や炭水化物が多いという方はビタミンB群の摂取をお勧めします。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

なぜ?どうする!?目ぶたのピクつき

目ぶたがピクピク

あなたは経験ありませんか?

まぶたがピクピクして止まらない。

気になってしょうがない。

 

放っておいてもピクピク、ピクピク。

疲れやストレス。

それが原因と言われますが寝てもピクピクピクピク。

 

今日はそんな目のピクつきこと眼瞼痙攣についてお話しします。

 

実は◯◯が不足していた!

結論からお話しするとマグネシウムが不足しているから起こります。

マグネシウムはにがりや高級なお塩から摂ることが出来る人間にとっては非常に必要不可欠なミネラル。

現代人は不足しがちです。

お酒やコーヒーを飲み過ぎても不足します。

その分、相対的にシーソー関係にあるカルシウムが増えてしまいます。

 

マグネシウム自体に筋肉を緩める働きがあります。

不足することによって筋肉が緩めれません。

つまり筋肉が硬くなることで痙攣が起きてしまいます。

足がつるほどの痛みは感じませんが原理は同じです。

 

よってマグネシウムを摂りましょう!

これ!費用対効果はすごく高いです!

 

人体の300種の代謝もこのマグネシウムが関わっています。

ちなみに僕はマグネシウムとビタミンDをセットで摂っています。

疲れにくくなったし、免疫とか変わるビタミンDを利用しやすくなるからです。

 

鍼灸ではこう考える

当院でも過去にまぶたのピクつきこと眼瞼痙攣の施術例は多くあります。

多くは側頭部の筋肉の硬さが見られることが多く、背骨にも緊張があります。

その緊張を取るために手のツボに鍼をしてまぶたのピクつきは解消されていきます。

是非是非

鍼灸をお試しください!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

たった5分でできるストレスリリース法

誰もが知っているあの方法

現代の日本は総ストレスフル社会と揶揄されることも少なくありません。

どこかでストレスをリリースするのが大切なのです。

最近では瞑想などがいいと聞きますがすごく有効かつ簡単なうちの息子も毎日こども園でやっている方法をお伝えします。

 

それは。

 

昼寝。

 

5分でいいので昼寝するだけでもリセットが効きます。

確かに数分でもスッキリしますからね。

オススメです!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

動けない、疲れが抜けない時の朝食の極意

基本のキ

エネルギーがなかなか作れない状態があると動けなかったり、疲れが抜けなかったりします。

ここで抑えておきたいポイント!

朝食からタンパク食を取るのが良いです!

 

実は白飯だけとかパンだけというのはベターではありません。

なぜならそれは糖質だけだからです。

 

僕は必ず卵とか納豆を食べます。

最近ではタンパク質の代謝を高めるためにビタミンB群を摂るようにしたところ段違いに朝起きやすいですし基本シャキッとしております。

 

しかし、あなたが朝から食べるのはハードルが高いよという場合。

プロテインで代用するのもGoodアイデアです!

 

地道なところからコツコツとやっていきましょう!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る