フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

3年前から続く頭痛、首の重だるさ、痛み。30代女性鍼灸治療症例報告

この季節にも多い・・・

 

今日は3年前から頭痛、首の重だるさにお悩みだった方の症例を報告させて頂きます。

この時期には多い症例であると思います。

自律神経系のアプローチを行う事で楽になりました。

 

クリックすると見れます。

現在は定期的に通われていますが特に大きく体調が崩れることもなく元気に過ごされています。

同じような症状でお悩みの方はぜひご相談ください。

 

施術のお問い合わせはこちら

スギヤマ治療院〜古道院〜

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

1年間続いた頭痛 20代女性鍼灸治療症例報告

今日は頭痛でお悩みだった方の症例を報告させていただきます。

 

<今回の患者さん>

20代女性 会社員

 

<症状と来院動機>

1年前にデスクワークが中心の部署に配属になり、それから首、肩などがこり始め、頭痛で悩まされるようになった。頭痛の感覚としては締め付けられるような感じ。

頻度は毎日。

その間に病院に行き、検査。それは異常がないとのこと。

筋弛緩薬をもらい一瞬楽になる程度だった。

 

あまりにもしんどい日々が続くのでご家族のご紹介でご来院された。

 

<施術>

触診をしていくと首肩周りの硬さがみられた。

首は左側の前面に特に硬さと触ると痛みを覚えた。

肩も左肩上部後方が痛む。

動き的には首を反らす動き、廻す動き、横に倒す動きがしにくかった。

 

施術は活法で頚~肩周りに動きを付けた。

横に倒す動きに関しては下肢からの連動も考慮した。

かなり動きでの改善がみられた。

他、ツボの反応を確認していくとまだ気になる部分があるので腹診なども交えながらツボを選んだ。

左の合谷という手にあるツボと左側三陰交というツボに鍼をした。

来た時よりだいぶ違いを感じて頂けたので終了。

 

次の日「頭痛がなくなった!!」と電話連絡をうけた。

 

<まとめ>

首肩周りの緊張が強く見られた。

それはその患部だけに原因があるわけではなくお尻の筋肉や下肢からの連動、はたまたお腹の反応も関わっていた。

このように広く見ていき動きの改善から頭痛に対応することができた症例であったと言える。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

9:00~19:00(12:00~14:00は休憩)

便秘 女性鍼灸治療症例報告

今日は便通でお悩みだった方の症例を報告させていただきます。

 

<今回の患者さん>

女性

 

<症状と来院動機>

もともと別の症状でご来院されていたが腹部を確認した際

腹部、特に臍の周囲に圧痛、下腹部の硬さがみられた。

そこで確認をして、ここ3週ばかり便通が悪いとのこと。

 

<施術>

臍の左側の硬さと圧痛がみられたため左のすねにあるツボに鍼を一本

便通などの内科的な症状はそこから10分ほど置く。

10分後、お腹の反応が取れたので終了。

 

次回、その後の違いをお聞きしたところ便通は翌日には改善がみられた。

 

<まとめ>

鍼灸の治療は筋肉や関節の症状というイメージ強いですが内科的な症状に強い治療方法としても古書に記録が残っています。

便秘や下痢の他にも生理痛などにも有効です。

お悩みの方はご相談ください。

食あたり 40代男性会社員 スギヤマ治療院症例報告

今日は食あたりでお悩みだった方の非常のソッコー性があった症例です。

 

先週月曜日からインドネシアへ出張。

4泊5日

最終日の帰りの飛行機から下痢が止まらない。

つまり帰ってきて、その次の日に治療をしたので2日間下っていたということになります。

 

検査

自律神経系とアレルギーで反応が出ました。

自律神経は左の大腸

アレルギーは食べ物

 

治療

食あたりと言えば裏内庭というツボを使いました。

その後心身条件反射療法PCRT

左大腸(臓器反応点)+左上顎部(ブレインマップ)

アレルギー(食べ物)

思い当たるのが最終日に食べたお弁当

その方がそのお弁当の写真を撮っていたのでその画像を見て検査

ご飯ものと野菜で反応が出たので調整をしました。

 

その後

しばし談笑をしました。

なんと!

腹の不調が止まりました!!

 

 

鍼灸治療と心身条件反射療法が功を奏した症例でした。

 

よかったです。

 

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

咳が止まらない 50代女性 あま市スギヤマ治療院の症例報告

今日は咳が止まらなくお悩みだった方のお話です。

これは9月中旬の治療のお話ですが8月ごろから咳がでるとのこと。

この方は50代女性の方でいつもは背中の症状を訴えていましたがそれも落ち着き、定期メンテナンスとしていらっしゃっております。

背中はアクティベータメソッドで対応。

咳に関しては10段階で評価をすると2くらいが続く。

検査をしていくと【アレルギー】で反応。

アレルギーの中でも接触で反応。

そして、さらに深く調べていくと・・・

【汗】

その中でも自分の汗に対する適応力が低下していた結果

咳に繋がっていたといえます。

それを調整。

調整後は本人の自覚も0になりました。

そして、昨日また定期メンテナンスでいらした時にお聞きしたところ次の日には不思議なことに咳は止まったようです。

不思議な感じはしますが汗への適応力を高め、アレルギー反応が出なくなった結果咳も止まったという根拠があります。

なかなか医療機関では分かりにくいところですが当院の治療はその盲点を発見して対応させていただきます。

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

ニュース


2018年3月29日 メディア掲載のお知らせ 赤ちゃんを産み育てる女性の応援webマガジン「Happy Angel」P.14にスギヤマ治療院が掲載されました。

2018年9月22日 産後バネ指 20代女性 鍼灸治療症例報告 ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る