自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

脂肪がエネルギーになる時は運び屋が必要

専門職に依頼

依頼という表現が適切かどうかは別として脂肪がエネルギーになる際には必要な存在がいます。

まず脂肪がエネルギーになるとはどういうことかと説明すると食べ物を食べて取り込まれた脂肪、いわば脂質が消化酵素によってちょきんと切られて脂肪酸になります。

それがミトコンドリア内に入ってアセチルCoAというものに変わることでエネルギーのサイクルに乗ることでエネルギーに変わります。

そのミトコンドリア内に入る時に専門の運送業者、運び屋に依頼する必要があるわけです。

ちなみに脂肪酸がアセチルCoAになる時に起こる反応をβ酸化と呼びます。

そして、その運び屋をカルニチンと呼びます。

※なぜか女性ドライバー。そこはスルーで。

 

カルニチンがあることによって…

脂肪酸はミトコンドリア内にスッと通過して入り、アセチルCoAになりエネルギーに変わっていきます。

 

しかし、このカルニチンがないと。

ミトコンドリア内に入れずエネルギーにはなりません。

脂質があぶれたままです。

 

カルニチンを合成するには何が必要?

カルニチンは人の体内で合成されます。

特に肝臓、脳、腎臓。

この3つの臓器で行われます。

そしてそのカルニチン合成に必要な栄養素は以下です。

・ビタミンC

・ナイアシン(ビタミンB3)

・鉄

・ビタミンB6

 

よって脂質をエネルギーに変えるにはぼーっと生きていては変わらない。

これらを意識する必要があるということですね。

 

ちなみにココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸はカルニチンがなくてもミトコンドリアにスッと入れます。

その速度オリーブオイルなどの長鎖脂肪酸に比べ4倍、代謝は10倍はやい。

すごい中鎖脂肪酸!

 

以上

脂質がエネルギーになるお話でした


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

お腹の調子が悪いあなた必見!脂質の消化

脂質の旅路は長い

脂質というのはいろんな種類がありますというお話を先日しました。

では今日は脂質がどう消化吸収されるのかをブログにて書いていきます。

 

まず脂質というのはこんな形をしています。

トリグリセリド、エネルギーになるんです。

このままの形では小腸が吸収できませんのでまずここを切ります。

グリセロールと脂肪酸を膵臓のリパーゼが切り離します。

まずこの工程が必要です。

 

ではちなみに!

糖・タンパク・脂質はどこで吸収されるのか?

それは小腸です。

吸収されてから体の各部に栄養を運ぶのは血液なので毛細血管に栄養素が行く必要があります。

・糖、タンパク質は直接毛細血管に入ります。

・脂質はリンパ管に入ってから毛細血管に入ります。ワンクッションあるんですね。

・脂質の中でも中鎖脂肪酸、例えばココナッツオイルなどはそのリンパ管を飛ばして飛び級で毛細血管に入ります。

 

では脂質が吸収されるまでどのような行程になるのでしょうか?

 

①脂質が入ってくる。例えばお肉とか食べる。

②膵臓のリパーゼが脂肪酸を切り離してくれる

ここまでは説明しましたね。

③肝臓で作られた胆汁酸がこの脂肪酸たちを包み込むイメージ

胆汁って緑色ですからね。たまに鳥レバーにも緑色のもの着いてますよね。あれです。

ちなみにまだ吸収されてませんよ!

④脂肪酸たちをミセル化といって乳化。マヨネーズのように吸収されやすい形にします。

こうなるとお水に溶けやすい粒のような状態になります。

この時に脂溶性ビタミンA、K、D、Eなども吸収されやすくなります。

だから胆汁酸が出ていないと脂肪は吸収されずエネルギーにならないし、脂溶性のビタミンも吸収されません。

次に小腸に入る。

⑤小腸に入ったらミセルから離れます。

その後再び中性脂肪になり。

カイロミクロンというのを形成。カイロミクロンという乗り物に乗るイメージ。

その後リンパ管から毛細血管に入ります。

そして初めてエネルギーの要素になるんです。

 

お腹の調子が良くないとどうなる?対策までご紹介

なぜこんな長く説明したかって?

正常な時がわからないとイメージがつかないからです。

ここで大切なのは胆汁酸。

めちゃめちゃ鍵となります。

胆汁酸が出ていないと脂質は吸収されないんです。

脂質は吸収されない?

やった〜!

 

ってこれはだいぶまずいです。

スマホの充電ができないのと同じですよ!

 

また脂溶性のビタミンも吸収されません。

だいぶまずいです。

 

胆汁酸とは肝臓で作られて胆のうに蓄えられます。

ではいつ分泌されるのか??

 

これは腸の蠕動運動が起こっていると分泌されます。

腸の蠕動運動が良くないと当然お腹の調子が悪いです。

その腸の蠕動運動が起きてない時というのはどういう時か?

自律神経の緊張が強い時、ストレスに晒されている時です。

また油ものを食べて下痢をしてしまう時なんかは胆汁酸が出ていないので下痢をしてしまうわけです。

それもひとつのバロメーターになります。

 

対策を数点ご紹介します。

そんな時は薬局でこれを買って飲むと良いです。

ウルソ。

これは胆汁酸を出してくれます。

サンドラッグにも売ってます。

 

さらにリンゴ酢なども良いです。

胃酸や胆汁酸の分泌を促します。

 

またお腹を温めたり。

鍼を使ってお腹を緩めたり。

お腹を緩めると迷走神経という神経が刺激されて腸が動くようになります。

 

また胆汁酸が出ていないときはLDLコレステロール値が高いです。

LDLコレステロール値が高いというのは材料だけ余っている状態です。

なぜなら胆汁酸はLDLコレステロールによって作られるからです。

腸肝循環という言葉があります。

腸と肝臓は門脈という連絡通路で繋がっていますので腸の状態が良くなれば肝臓の状態が良くなり胆汁酸が作られやすくなります。

よってお腹が動くこと、つまり腸が動くことというのはそういった部分でも大きな意味合いがあります。

 

以上

今日は脂質の消化概論から対策までをお伝えしました。

 


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

【鍼灸院×社会復帰】当院が掲げるビジョン

鍼灸院としてあなたをサポート

当院は鍼灸院です。

鍼灸院というと肩こり、腰痛をメインでなんとかしてくれるというイメージがありますが当院では自律神経系のお悩みをここ最近では多く見ております。

コロナ禍から人は何で悩まれているのか?を色々と考えたら「生きづらさ」を感じていて、色々と我慢を重ねて時間が経った時にズンッと気持ちが追いつかなくなる人は少なくありません。

僕も何気なくSNSに投稿した内容を注意されたり、闘争的にはなりませんがアドレナリンがなんかブワッと出て「まずいこと言ったかな。ハラハラハラハラ。」となったことがありました。

それ以来注意書きを書いたりするようにしています。

やはり、心のどこかで気を使わないといけなかったりする。

そのため眠りが浅くなったり、動悸が止まらない。

そのようなお悩みを抱えられる人が増えてきたので自律神経系をメインでみるようになりました。

 

それって鍼灸院でもできるんじゃないか?

もう時効ですが僕は独立する前にいた会社でメンタルがけっこうギリギリのところまで磨り減ったことがありました。

かと言って前の会社の上司には感謝しています。

基本のキから教えて頂いたと思います。

しかし、毎日毎日ダメ出しをされ、結果論で「なんで?」で詰められて最終的に言葉が出てこないところまで詰められる。

電話一本出れば電話が終わった後にはダメ出し。

全てやることなすことに自信を無くし、ここでは自分のやっていることが全部間違っているような錯覚に陥ってました。

あぁ、この302号線こっち車線行けば明日会社行かなくてもいいのかもしれない。とBGMすら聞きたくない無音の車内でそう思っていたこともありました。

これは本当に抱いていた感情です。

 

そんな時、自分には心の支えがありました。

今はもう店舗自体がないんですが当時通っていた居酒屋の大将が非常に聞き力が高い人で僕はよく話を聞いてもらってました。

休み前に話を聞いてもらうことで自分を保ててました。

今振り返ってみれば平日休みだったその頃、病院に行けばなんらかの病名は付いていたでしょう。(別になんらかの病名がついている人を否定しているわけではありません。)

しかし、平日休みの休み前にその居酒屋の大将に話を聞いてもらうことで自分をリセットできていたのでそうはならず日常生活を送ることができました。

 

何が言いたいかというと僕にとってその居酒屋で大将に話を聞いてもらうことが当時の僕にとっての依存先だったんです。

 

依存先というのはその人その人によって違います。

僕の場合は居酒屋だっただけです。

今、色々と勉強をし思いました。

それって鍼灸院でもできるんじゃないか?

そう思うんです。

 

気持ちが疲れている時、身心の“身”に何かしらお悩みがある場合が多いです。

眠れない、悪夢を見る、動悸がある、めまいがするなどなど。

身から心へ。

心から現実へ。

このように今を生きている現実や物事の捉え方に変化を届けることが鍼灸院でもできるのではないかと考えています。

 

ある一人の青年の再出発

先日ある一人の青年に連絡をとりました。

彼は新卒で入った会社で俗にいうパワハラを受けていました。

それこそ毎日怒鳴りちらされ、もう限界に達していました。

そして退社。

当院にきました。

鍼灸の施術と栄養療法でアプローチをし、回を追うごとに一つ一つお悩みはなくなっていき。

「だいぶ調子も良さそうですし今日で一旦終わりでも良いですか?」

彼の希望を尊重し治療を終了。

 

その後当院でのビジョンを練っている時、その彼のことを思い出して連絡しました。

 

「その後、回復して別の会社に就職をして今では元気でやっています!」

 

このように教えてくれました。

そう。

彼は当院を経て、自分の人生を再出発したんです。

 

僕は“ターニングポイントを創る”というのを理念で掲げています。

この青年もそうですし、産後以降働きに出れないというお母さんもそうです。

鍼灸院として社会復帰をサポートしていきたい。

そこまでではなくても社会に出て仕事はしているもしくは学校に行っている…でも身心が限界を迎えつつある、そういった人も含めて一度しかない人生を前向きに生きれるサポートをしていくというビジョンを持って社会に貢献していきます。

 


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

『タンパク質を摂りましょ〜』それだけでいいのか問題。

ただ摂ればいいという話ではない話

ここ最近、プロテインの話をよく耳にします。

多いフレーズとして「プロテインはマッチョの飲むものというイメージでしたが…」を枕詞にしてよく言われるようになってる印象です。

別に誰かを否定しているわけではありません。

写真はイメージ。

確かに肌、髪などの構造物を作るのはタンパク質です。

めちゃ必須です。

 

ここで問題なのは『タンパク質を摂りましょ〜』と投げっぱなしにしてはいけないのではないかなというところです。

確かに世には糖質が多いのでそこがメインになってるのではなくてタンパク質も摂ろうね!であれば話は別です。

しかし、タンパク質をよく摂るようになってからウンチやオナラが臭くなったという場合。

あなたはどう思いますか??

 

じゃあやめよう。

 

いや。

そういう問題ではありません。

 

タンパク質が身になるとは?

タンパク質というのは分解され、合成されて初めて身になるわけです。

分解されなければ鶏肉は鳥のDNAを持った肉です。

それを分解し白紙にしないといけません。

それで初めて合成されるんです。

ではタンパク質をよく摂るようになってウンチやオナラが臭くなったとしたらその場合タンパク質が未消化であり、ご自身の消化能力を超えてしまっている可能性が考えられます。

そのため大腸でアンモニアが発生し臭いんです。

 

なぜそのようなことが起こるのか?

タンパク質の消化ができてないのは消化酵素が不十分であることが考えられます。

消化酵素自体がタンパク質を分解するタンパク質なので非常に悪循環な事態になっていることも挙げられます。

 

タンパク質はペプシンという消化酵素によってまず分解されます。

段階を経てアミノ酸になるので身になるわけです。

しかし、このペプシンが作られないと当然のことながらタンパク質は未消化なままです。

 

仮にあなたがペプシンが作れていない状態だったらどうでしょうか?

だから「美容のために、健康のためにタンパク質を摂りましょ〜」だけではいけないんです。

 

タンパク質のために重要な臓器

これは胃です。

胃酸が出なければタンパク質分解に重要なペプシンが作られません。

なぜならペプシンの前駆体であるペプシノーゲンをペプシンに変えるのは胃酸だからです。

 

では仮にあなたがすごいストレス下にあるとしましょう。

するとどうなるか?

自律神経系のバランスが崩れます。

・胃酸の分泌が不安定になります。

・胃粘液が減少します。俗にいういが弱ってる

・胃の蠕動運動が低下する

・胃壁再生の低下

要はストレスや緊張により胃腸機能の低下を招くとどれだけタンパク質を摂っても消化吸収できないので低タンパクになります。蠕動運動もできていないので食欲もあまりないというパターンも多いに考えられます。

 

またストレス時には副腎が疲れやすく低血糖症状にもなりやすいです。

そのため低血糖症状を補填するために貴重なタンパク質をエネルギーに使います。

 

そう考えると…。

ストレスや緊張、付け加えて低血糖があるとせっかく摂ったタンパク質が消化吸収されない、肌や髪や筋トレしていれば筋肉がつきにくいという現象が出てきてしまうことが考えられます。

 

ではどうする?

こういう場合お腹の硬さが見られることが多いです。

お腹を緩めてあげて、副交感神経刺激(迷走神経反射)によりタンパク質代謝を変えてあげるのがすごく良いです。

僕は鍼灸の治療をしていますので腹背部を見てそれに適した施術をすることで食欲低下や便通を含めて改善。

そうすれば胃酸も出るようになりますのでタンパク代謝も良くなってくることが期待できます。

 

本当に食欲がない。

そして起きれない、活動するのが億劫だ。

こういう場合はすでに分解済みのアミノ酸をお勧めしています。

なぜなら分解する消化酵素も作れていないのですでに分解されたものを摂れば負担も少ないですし、低血糖症状の回復も期待ができるからです。

 

結び

今日はタンパク質を摂ればいいのか?

いや。

その前にお腹の中の状態を整えましょう!というお話をしました。

参考になれば幸いです。


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

食後に急激に眠くなる、気持ちが不安定になる、どうしよう?

インスリンが遅れてやってるよ〜

お食事を食べて数分後急激に眠くなったり、気分が悪くなる。

あなたはそんなことありませんか?

こんな感じになってしまう。

これは一つ考えられることは血糖値を下げるインスリンの初動が悪い、つまりスタートに乗り遅れている可能性があります。

インスリンが遅れてやってきます!

これはイメージですが例えば食事をドーナツやアイスクリームで済ませてしまっているとしましょう。

ちょっと極端ですが。

血糖値がバコンと上がります。

時間の経過とともに血糖値は落ちていくようにできているんですがインスリンの初動が悪い場合遅れてインスリンが効き始めますのでジェットコースターのように急落下します。

これを血糖値スパイクと呼びます。

 

じゃあこの場合どうしたら良いのか?

まず砂糖が豊富なものを避ける。

次に、腸へのアプローチがすごく大切です。

蠕動運動といってお腹が動く体にしていきたいですね。

下痢や便秘があると良くないです。

しっかりと蠕動運動ができるようになればスパイクは起こらなくなります。

鍼灸でも非常に有効ですし、腸揉みセラピーも良いですね!

ちなみに僕は定期的にお腹を箱灸で温めているのでここ数ヶ月食事を食べても眠くなりません。

 

ホッカイロなどでお臍を温めても良いかもしれませんね!

ぜひお試し下さい。参考になれば幸いです。


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る