フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

足の動きについて

足の動き

足の動きは肩や股関節に比べるとシンプルですが深い。

その動きを頭の片隅に入れておいてその角度よりも狭かったらひとつのシグナルであると言えます。

 

8つの運動

このような8つの運動があります。

それをチャート式にするとこうなります。

まず底屈と背屈という動き。

底屈は爪先立ちの動き、45°動きます。

背屈は踵立ちの動き、20°動きます。

それぞれ基本軸は腓骨で移動軸は小指側の骨。

前後の動きと捉えれば大丈夫です。

 

次に内転、外転という動き。

内転はつま先が内側に向く動き、20°動きます。

外転はつま先が外側に向く動き、10°動きます。

それぞれの軸は足の親指と人差し指。

左右の動きと言えます。

 

次に回内、回外という動き。

回内は足の裏が外側を向く動き。ちょっとややこしいですね。20°動きます。

回外は足の裏が内側を向く動き。これもイレギュラーですね。30°動きます。

 

それらを複合したのが内返しと外返し。

内返しは底屈、内転、回外

外返しは背屈、外転、回内

複合的な動きになります。

 

このように足首には動く方向と動く角度があります。

当院ではどの動きがしにくいのか?

どうすると痛むのか?

それはどれくらい動かないのか?

ではそのツボを使っていこうか?

 

その点を判断しながら施術を行なっていきます。

足の甲や裏が痛む、捻挫してから痛みが残っているなど足に症状をお持ちの方は是非一度ご相談ください。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

ニュース


2018年3月29日 メディア掲載のお知らせ 赤ちゃんを産み育てる女性の応援webマガジン「Happy Angel」P.14にスギヤマ治療院が掲載されました。

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る