フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休業の可能性

新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休業の可能性

 

当院のHPをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

表題にもあるように当院の新型コロナウィルスにおける対応および臨時休業の可能性についてお伝えいたします。

第二波と呼ばれる感染拡大が広がっておりますので再度ブログにアップします。

新型コロナウィルス(COVID-19)

 

当院の対応について

鍼灸院を開設する際に、設備構造基準なるものが法令で定められています。

それは以下になります。

 

法令で定められている基準

・66㎡以上の専用の施術室を用意する
・待合室は3.3㎡以上のスペースを確保する
・施術室は部屋の面積の1/7以上を外気に解放できる、もしくは十分な換気設備を用意する
・施術に用いる手、指、器具等の消毒設備を用意する
・常に清潔が保たれている
・採光、換気、そして証明を十分にする

 

鍼灸院の開設にはこれらの基準が満たされているかどうかを保健所がくまなくチェックし、その審査を経て開設がされます。もちろん、公衆衛生面での安全が考慮されております。

 

設備に加えて以下の点に力を入れていきます。

●マスクの着用。

 マスクは罹患している人が着用する分には意味をなすという情報が多くありましたが新型コロナウィルスの細かな情報が増えてきました。現在は様々な可能性を考慮し、必ず着用しております。

医療機関において施術を受ける人、施術を行う人。

この両者がマスク着用の場合、濃厚接触者にならないという見解があります。

暑いですが着用のご協力をお願いします。

●石鹸による手洗い

 施術間に流水と石鹸による手洗いを行なっております。

●換気の徹底

 施術を受けられる方がいない時間帯は網戸にて換気をいたします。

●ご来院者さん同士の接触を避ける

 完全予約制へのご協力をお願いします。

 お電話やLINEにて予約状況をご確認の上ご予約をお取りください。

当院はひとり治療院です。そのため病院や接骨院とは異なり人混みになりません。その点、比較的安心してご利用ができる医療機関であると思います。その優位性を生かし、さらに安心かつ安全にサービスを提供したいと思います。

 

 

臨時休診の可能性

非常に罹患率が高い、新型コロナウィルス。

明日はわが身かもしれません。

 

厚生労働省は『緊急事態宣言が発令された場合でもあはき業は停止業務にはならない』という見解を示しております。

愛知県自体の新型コロナウィルスの感染者は多いですが8割が名古屋市です。

緊急事態宣言発令のみでは当院は休業しません

 

しかし、以下の場合は臨時休診とさせていただきます。

 

・私に37.5℃以上の発熱が認められた場合

・私に嗅覚異常、味覚異常が認められた場合

・当院のご来院者さんに新型コロナウィルス罹患者が現れた場合

 

色々と考慮した上でこれらの決断を致しました。

今後ともよろしくお願いします。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

ロゴとあなたへの想い

【あなたの人生のターニングポイントを創る】

英語表記では”THE TURNING POINT OF YOUR LIFE”

これは僕の天命といいますかビジョンなんです。

もともと自分が怪我で悩んでいた時に施術を受けて良くなったことで助けられ、道が拓かれました。

鍼灸師になってからも自分の施術やサービスによって人生が前向きになっていき、明るく楽しい生活を取り戻した人をたくさん見てきました。

その都度、僕がパワーを頂きました。

 

ある時気付いたんです。

健康面の問題があり、なかなかトンネルから抜け出せない人の人生のターニングポイントに立っている存在になることこれが自分の使命であり、仕事を通じてあなたに表現したいことなんだと言うことを。

 

鍼一本で人の人生は大きく前向きに変わる。

一本、一本大切に。

その一本から新しい人生が拓かれる。

そういった意味でこのロゴには一本の鍼が描かれています。

 

今日はロゴとあなたへの想いの裏話でした~。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

【鍼灸師を志すキッカケ】

ある夏の日のある日の出来事をお話しします。

僕は大学3年の春に首に大きな怪我をしました。

ちなみにレントゲン写真は僕の首です。

僕は頚椎の靭帯が断裂しています。

そのため、当時打ち込んでいた部活を引退。

進路を模索している時期がありました。

当時は就職氷河期、就けば安定が確約されている(と言われていた)公務員試験の勉強を開始しました。

 

しかし、首が痛い。

とにかく痛い。

 

そんな時にあま市の文化会館で施術の無料体験が行われていたので施術を受けてみたところ嘘のように寛解!

今まで後ろ向きに考えていた“首を怪我した”という事実が前向きな体験として活かす事ができる職業、それが鍼灸師!

そう思い、この道を志しました。

 

夏のお盆くらいの時期が来ると思い出します。

早いものでもう16年前の出来事です。

まだつい最近のことのように思えます。

ここまでの出会いに感謝です。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

お盆休みのお知らせ

今年のお盆休みのお知らせ

一年が経つのは早いものでしてもうお盆です。

間も無く「今年も残り4分の1だねぇ」だなんてお話をしている事でしょう。

 

さて、当院のお盆休みのお知らせです。

15日〜17日までとなりますのでよろしくお願いします。

どこか遠くに行きたいのはヤマヤマですが過ごし方を考えて最高の夏の体験をしたいと思います。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

寝てるけれど寝た気がしない意外な理由

実は寝ながら戦っている?

当院では新型コロナウィルス以降自律神経系の治療を行うことが増えてきました。

多いのは眠れない、疲れが取れない、朝が起きれない、寝ても寝た気がしないなどなど。

 

今日はなぜ寝たのに休まらないのかと言う部分を掘り下げていきたいと思います。

自作でこのような図を作りました。

あくまでイメージです。

血糖値の理想は90。

寝て熟睡ができている人や寝てスッキリして疲れが取れると言う方は90で安定しています。

その時は寝ながら成長ホルモンやコルチゾールと言うホルモンの活躍があります。

 

しかし、寝ても寝た気がしない人などは90を下回っています。

じゃあこの差をどうめているのか?

副腎から出るアドレナリンやノルアドレナリン、膵臓から出るグルカゴンと言うホルモンで血糖値をあげます。

特にアドレナリンを考えていくとアドレナリンというのは戦いのときにブワッと出るホルモンです。

つまり、寝ながらにして緊張しているわけです。

そのため、寝汗をかいたり、歯ぎしりをしたり、緊張が抜けないので寝違いが起きたりしてしまいます。

 

全然休まりませんね。

 

ここで気をつけたいのは血糖値が上がる食事を寝る直前はやめる。

寝る間際のアイスクリーム、お酒。

他、寝る前のスマホも成長ホルモンの分泌に関わるので要注意です。

 

自律神経系のバランスを整えるのは鍼灸が非常に有効ですから日常の生活習慣で気をつけることと合わせて取り組んでいくと吉と出ます!

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

乳酸を嫌う必要はない?

乳酸は備蓄物

トレーニングや慣れない運動をする際に溜まるのが乳酸

疲労物質というイメージが強いですね。

僕もトレーニングしていてパツンパツンになってこれ以上トレーニングをできなくするものという位置付けでしたが…

どうもそうではないらしい。

 

図を自作してみました。

食べた糖が解糖系という代謝でグルコースと呼ばれるものからピルビン酸というものになります。

仮に酸素がある活動であればその次にミトコンドリア内で行われる代謝という過程に進みます。

しかしながら、酸素を用いない呼吸である嫌気性呼吸と呼ばれる過程においては上記の図のような経路をとります。

 

ピルビン酸が筋肉で乳酸を作り、次に血流に乗って肝臓に行きます。

ちなみにこの時乳酸はエネルギー源として備蓄されています。

つまり、体にとって必要だから乳酸ってできているのです。

その乳酸はピルビン酸に戻り、また再びグルコース、つまり糖として働くわけです。

この過程をコリ回路と呼びます。

 

乳酸⇄ピルビン酸この反応でナイアシンというビタミンBの一種が使われます。

勘のいいあなたはお分かりでしょうか?

俗に疲労物質と言われる乳酸。

ナイアシンがないと再び糖に戻ることはできません。

よってビタミンB群はこういうところでも大切であることがわかります。

ちなみに乳酸→ピルビン酸の代謝を低下させるのは運動不足です。

疲れるから運動したくな〜いという場合は乳酸が有効に使えない状態に向かって行っているのかもしれません。(戒め)

 

まとめますと乳酸は疲労物質とは言われますが実は糖に変わる重要なものです。

あくまで僕のイメージですが糖が形を変えてストックされている感じですかね。

そのストックされている乳酸を再び糖として使えるようにするにはナイアシン(ビタミンB3)が必要。

その糖として再び使えるようにしてあげるのは運動している人の方が得意というわけです。

揉んだりするよりも鍼で腸内環境を整えてナイアシンとってあげた方が乳酸を有効に使えるという仮説が立ちます。

うん。

これは役に立つ!

 

またこれからも情報を配信していきますね!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る