フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

ぎっくり腰後続く腰痛 40代男性 鍼灸治療症例報告

立ち上がる時に痛む

今日は当院で一番多い症状である腰痛の症例を報告します。

 

患者さん

40代男性 建築関係自営業

 

通院

2019年12月 2回

 

経緯・症状

1ヵ月前にぎっくり腰になった。

その時、接骨院に行き治療を行った。

多少の軽減はみられたもののなかなか良くならずだましだまし1ヵ月過ごされてきた。

 

当院にいらした時は座った状態から立ち上がる時にズキッと激痛が走り仕事に支障をきたしていた。

現在ある腰の状態を回復させて仕事を円滑にしたいという目標を共有して施術に入った。

 

施術

動作を見ていくと座っている時は良いがそこから立ち上がろうとする時、くの字から状態を起こす時に痛みが走った。

特に痛みを感じるのは右側。

肩の反応、腰部の反応を見ると著名な圧痛があった。

その反応を取るために肩、膝周囲のツボに鍼をした。

 

初回でかなり楽になり、2回目は少し残っていたが同様にアプローチを行ったところ腰痛は気にならなくなった。

 

ツボ

右五稜、右陰谷

右委中

 

まとめ

痛みを感じやすい状況下にあったが痛みと関連する第5胸椎系の反応をとり、その後腰部の反応は動きをベースにそれに適したツボに鍼をしました。

キーワードはやはり気になる現場に犯人はいません。

つまり腰痛は腰部にアプローチをしていてもなかなか改善が見られないと言えます。

このブログを読んだ腰痛でお悩みの方のお力になれれば幸いです。

 

施術のお問合せはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

 

ニュース


2018年3月29日 メディア掲載のお知らせ 赤ちゃんを産み育てる女性の応援webマガジン「Happy Angel」P.14にスギヤマ治療院が掲載されました。

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る