自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日午後、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

栄養素の働き.タンパク質を削ってませんか?

栄養素の役割を分けてみた

食事をとっているとあまり意識はしないことですが意識しないからこそお腹がいっぱいになってしまえばいいかみたいになってしまいがちです。

しかし、役割が分かればまた見方が違ってきます。

まず表にしました。

・身体のエネルギー源になるのは糖質・脂質・タンパク質

・身体の材料になるのは脂質・タンパク質

・身体の調子を整えるのはビタミン・ミネラル

 

まず大切なのは糖質をとって、細胞やミトコンドリアと呼ばれる場所でうまくエネルギーを作れる身体になることが大切ですね。

なぜなら脂質とタンパク質はエネルギーにもなるし、材料にもなるという役割を兼ねています。

つまり、糖質がうまくエネルギーに変わらなければ身体の材料になる脂質とタンパク質をエネルギーに変えてしまいます。

糖質がうまくエネルギーに変えられない低血糖な状態が続くと低タンパクな状態になってしまいます。

タンパクを削ってしまうイメージです。

タンパク質は身体を作る、つまり髪の毛や筋肉を作るものであるとともに消化酵素やミネラルや酸素を運ぶ役割をするなど働きは多岐に渡ります。

じゃあ美容のためにタンパク質を取りましょう!と言われても根底にある低血糖症状が解決しなければ結果的にタンパク質がエネルギーに使われてしまい消化酵素が作れず消化ができないので本当の意味で身につかなくなってしまいます。

 

低血糖を防ぐためにも三大栄養素は程よくバランスよくとっておくことが大切ですね。

 

ちなみに僕は鶏が大好きです。

高タンパクです。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る