自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日午後、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

タンパク質何を食べればいいのか?にお答えします

アミノ酸スコアという考え方

タンパク質をとりましょう!というのはここ最近TVでもプロテインの特集が組まれたりする関係で耳にする人も多いかと思います。

しかし、何を食べたらいいのかよくわからないという方も少なくありません。

 

ここでご紹介したいのがアミノ酸スコアという考え方。

簡単にいえば食材にタンパク質の点数がついているので高い点数のものを食べましょうというわけです。

アミノ酸スコアが高いものをとりましょう。

江崎グリコさんの拾い画ですが桶の理論

桶の板の高さがタンパク質のクオリティになります。

桶の板が一枚でも低ければ水は溢れてしまいます。

そこがタンパク質のクオリティになります。

うん。

この図はわかりやすい!!

 

さて、身近な食材では何が高いのかを考えていきます。

卵はアミノ酸スコア100です。

資料にもよりますが鶏肉も高いです。

動物性のタンパク質は高いです。

 

対してパン・パスタなどの小麦は非常にアミノ酸スコアが低いです。

 

あくまで傾向としてですが自律神経失調症、産後うつ、起立性調節障害でお悩みの方は小麦などアミノ酸スコアが低いものでお腹がいっぱいになってしまう傾向があります。

なかなかタンパク質が多いものはなどは食べられない。

タンパク質を分解する胃酸が出ていないことも考えられます。

よって胃腸のケアもしていく必要があります。

その点は鍼灸の得意分野ですから是非ご相談ください。

 

さて、今日はどのようなタンパク質が良いかというお話でした。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る