自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日午後、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

人間はタンパク質の仕事で成り立っている。

タンパク質の役割

僕らは人間です。

みんな一人一人仕事をしています。

世の中は誰かの仕事で成り立っているなんてジョージアのCMでありましたね。

 

タンパク質には生きていく上で欠かせないたくさんの仕事があります。

人はタンパク質の仕事で成り立っていると行っても過言ではありません。

ではタンパク質にはどのような仕事があるのでしょうか?

 

大きく分類すると機能タンパク質といって何らかの仕事を持っているものと構造タンパク質といって体を構成する材料となるものがあります。

イメージ的には筋肉を作るものというのが連想しやすいかもしれませんがそれは構造タンパクに分類されます。

 

●機能タンパク質

①酵素タンパク質

・代謝酵素:化学反応を起こさせるもの。消化吸収された栄養をもとに全身機能を安定させる働きがある。

・消化酵素:消化をする際に使われる酵素。つまり物質A→物質Bに変える際に使われます。唾液のアミラーゼが糖の消化、ペプシンがタンパク質の消化、膵臓のリパーゼが脂質の消化に使われます。

 

②輸送タンパク

・ヘモグロビン:酸素を運ぶ赤血球の構成

・セルロプラスミン:銅を運ぶ

・アルブミン:水分を運ぶ

・リポプロテイン:脂質を運ぶ、コレステロールはこれです。

 

③防御タンパク質

・免疫グロブリン:免疫に関わる細胞

 

④貯蔵タンパク

・フェリチン:鉄の貯蔵

 

●構造タンパク質

①構造タンパク

・コラーゲン:真皮、靭帯、骨や軟骨などを構成

・ケラチン:角質組織を構成、爪や髪はこれです。

 

②収縮タンパク質

・アクチン、ミオシン:筋肉を構成する繊維。これがないと筋収縮ができず、関節は動かないです

 

③受容体タンパク質

・一例インスリン受容体、サイトカイン受容体:これは簡単にいえばホルモンや神経伝達物質などをキャッチするもの。これがないと体内の環境を保つことができません。

 

このようにタンパク質にはいくつもの役割があります。

いくつもの役割があるからこそ消化、吸収がうまく行かなければ様々な不調が現れてきます。

とても重要ですね。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

 


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る