自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日午後、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

脂肪がエネルギーになる時は運び屋が必要

専門職に依頼

依頼という表現が適切かどうかは別として脂肪がエネルギーになる際には必要な存在がいます。

まず脂肪がエネルギーになるとはどういうことかと説明すると食べ物を食べて取り込まれた脂肪、いわば脂質が消化酵素によってちょきんと切られて脂肪酸になります。

それがミトコンドリア内に入ってアセチルCoAというものに変わることでエネルギーのサイクルに乗ることでエネルギーに変わります。

そのミトコンドリア内に入る時に専門の運送業者、運び屋に依頼する必要があるわけです。

ちなみに脂肪酸がアセチルCoAになる時に起こる反応をβ酸化と呼びます。

そして、その運び屋をカルニチンと呼びます。

※なぜか女性ドライバー。そこはスルーで。

 

カルニチンがあることによって…

脂肪酸はミトコンドリア内にスッと通過して入り、アセチルCoAになりエネルギーに変わっていきます。

 

しかし、このカルニチンがないと。

ミトコンドリア内に入れずエネルギーにはなりません。

脂質があぶれたままです。

 

カルニチンを合成するには何が必要?

カルニチンは人の体内で合成されます。

特に肝臓、脳、腎臓。

この3つの臓器で行われます。

そしてそのカルニチン合成に必要な栄養素は以下です。

・ビタミンC

・ナイアシン(ビタミンB3)

・鉄

・ビタミンB6

 

よって脂質をエネルギーに変えるにはぼーっと生きていては変わらない。

これらを意識する必要があるということですね。

 

ちなみにココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸はカルニチンがなくてもミトコンドリアにスッと入れます。

その速度オリーブオイルなどの長鎖脂肪酸に比べ4倍、代謝は10倍はやい。

すごい中鎖脂肪酸!

 

以上

脂質がエネルギーになるお話でした


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る