フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

ホットフラッシュ、発汗 50代女性 鍼灸治療症例報告

ホットフラッシュの症例報告

当院は鍼灸の治療院です。

鍼灸は非常に適応範囲が広いため様々な症状に対応ができるのも特長です。

今回は適応症状の一つであるホットフラッシュ、その発汗の症例を報告します。

 

患者

50代女性 あま市在住

当院に来るまでは鍼灸経験なし。

 

ご来院

2019年9月〜10月

週2ペースで4回

 

症状

50代に入った頃から仕事で緊張する場面があると頭部に汗をかきはじめ止まらなくなる。

特に後頭部から熱くなってくる。

首・肩こりもある。

 

治療

ホットフラッシュはのぼせによる汗の典型例である。

のぼせに関連する反応を確認。

子宮の状態はどうだろうか確認。

仙骨の調整は必要かどうかを確認。

精神的緊張時の状態が反映される場所はどうか確認。

などなどそれぞれに適したツボを使用した。

また腹部に冷えも見られたため灸も積極的に利用した。

 

使ったツボ

三陰交、外関、中髎

 

まとめ

ホットフラッシュは『何科に行けばいいんだろう…』から始まる案件である。

調べて病院に行き、漢方薬を頂いて治療をしていく方が多いのも特徴ではある。

それと併用して鍼灸の治療を入れていくことも非常に有効な策であると思う。

 

施術のお問い合わせはこちら

ちなみに当院ではホットフラッシュのご相談を受けることが増えてます。

のぼせに対するアプローチをすることで解消例も同時に増えていますのでお悩みの際は一度ご相談ください。

 

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

 

 

排卵痛 30代女性鍼灸治療症例報告

女性では多いお悩みのひとつではないでしょうか?

 

排卵痛。

 

生理痛という言葉は聞いたことがある方も多いと思います。

CMでも『多い日の~』というのがありますからね。

実はそれとは違います。

 

すごく簡単に説明をします。

女性の身体は妊娠するための準備を毎月行っています。

生理は問題がなければ28日周期で訪れます。

その14日前に女性は排卵といって妊娠するための卵をぽんと出します。

その時に伴う痛みが排卵痛。痛くない人もいます。

そして受精が行われなければその妊娠のために準備したものを撤収するのが生理。

その撤収する時に出血がみられます。その時に痛むのが生理痛。痛くない人もいます。

 

今日はその排卵痛の症例を報告させていただきます。

 

<今回の患者さん>

30代女性 2児の母

 

<症状と来院動機>

生理前に排卵痛があるとのこと。

お聞きするとえぐられるようなイメージ。

お子さんをご出産されてから目立つようになった。

お子さんは8歳の方がいらっしゃるのでおおよそ8年×12ヶ月くらいの回数でお悩みだったのかもしれない。

ご来院のきっかけは僕の友人。

 

<施術経過>

初回

間もなく排卵がある、10月の下旬に差し掛かったころ。

お腹の状態を診させていただき、脚にある婦人科系のツボを使いお腹の反応を使い、緩めていく。

 

2回目

翌週に施術。

どうやら今回の排卵痛は強くあった模様。

しかし、その他の症状は割と楽だったとのこと。

前回同様にお腹の調子を診させていただき、脚にある婦人科系のツボを2つ使う。

様子を見させて頂くことに。

 

3回目

10日後に施術。

その間に生理がきた。

何と!

生理痛はかなり軽めだったとのこと。

今回はお腹の反応を見させていただき、気になる部分にアプローチ。

 

4回目

2週弱後に施術。

その2週後ですから排卵のタイミングである。

排卵痛はこの1ヶ月で10→1まで下降。

『あぁ、あったな。』くらいまでに違いがみられた。

 

<まとめ>

排卵痛という訴えであったが序盤からお腹の反応をみながら現象ベースで話を進めさせていただいた。

初回だけではまだ変化はみられなかったものの回を重ねていく事で半月で生理痛も緩やかになり、1ヶ月後には排卵痛も激減した。

ひとつひとつ現象に対して、反応に対応していけばおのずと体質的な変化もみられるといった症例であったと言える。

 

関節や筋肉のお話だけではなく女性のお悩みにも対応できるという鍼灸の強みを活かすことができて大変うれしく思う。

鍼灸の可能性は本当に大きいと思う今日この頃である。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

9:00~19:00(12:00~14:00は休憩)

 

 

 

脚のむくみとだるさ 30代女性鍼灸治療症例報告

今日は女性に多い脚のむくみ、だるさに対する症例を報告させていただきます。

 

<今回の患者さん>

30代女性

 

<症状と来院動機>

もともとPMS(月経前症候群)があり、そのためむくみやすい傾向にあった。

日を追うごとにむくみはひどくなり、脚がだるく、仕事終わりには象の足のようになる(本人談)とのこと。

ランニングを行うことで対策をされてきたが芳しくなくご来院された。

 

<実際の施術>

みてみると以下のようなイメージになる。

膝から下が水っぽく、またPMSを訴えられているので下腹部に圧痛がみられました。

 

初回

だるさであったり、むくみに関しては水分の代謝に着目した。

その反応が現れるツボが腰部にあり、押してみたところ圧痛がみられた。

そこに鍼を打つのではなく膝裏のツボを使う→腰部の反応が消える。

また下腹部の圧痛がみられたのでそれに対応する婦人科系に関連するスネにあるツボ2つに鍼。

→下腹部の反応が消える。

 

2回目

前回からの違いをお聞きしたところ

脚のだるさ、パンパンになったような痛みは少ないとのこと。

また下腹部の違和感も軽減

 

腰部や腹部の反応をみると前回ほどではないが圧痛などはみられたため同様のヶ所に鍼をした。

同じく、鍼をすればその部位の押した時の嫌な感じなどは無くなった。

 

3回目

2回目からの違いをお聞きした。

以前よりだいぶむくみも少なかったとのこと。

その間にきた生理痛もいつもよりも軽めであったようだ。

かなりいい傾向にあると思う。

その回はそれ以外に気になる症状があったのでそこをメインとさせていただいた。

 

<まとめ>

回を追うごとに変化はみられているのが分かる。

むくみ感であったり、だるさも軽くなっている点。

そして同時進行で行った婦人科系のツボを使ったアプローチにより生理痛が軽減している点。

つまり、鍼でも充分に女性の症状での変化がみられることが分かる。

 

当院は関節関係の運動器疾患の患者さんが多いがそれ以外でも対応ができることを示すような症例であったと言える。

ひとりでも多くのそのようなお悩みをお持ちの方のお力になれれば幸いである。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

9:00~19:00(12:00~14:00は休憩)

生理後から痛む左肩

今日は左肩の痛みでお悩みの方の鍼灸治療の症例報告をさせていただきます。

 

<今回の患者さん>

40代女性

 

<症状と来院動機>

3週間前から左肩に痛みが生じた。

動きとしては左を向くと痛みが有る。

それがなかなか抜けないためもともと当院に通われている方の紹介でご来院。

 

<施術>

動き的には左を向いた時と他には上を向いた時に左肩~首がつまる。

まず活法で可動域を改善。

他に左肩甲骨の上あたりを触ると硬さと圧痛が残っていたのでそこで整動鍼のアプローチに切り替える。

お腹を触っていくとある箇所にも硬さと圧痛がみられた。

そこで3週前のことをお聞きすると「生理があってそれくらいから痛むかなぁ。」とのこと。

脚にある婦人科に関わるツボに鍼を一本。

体中がぽかぽかと温かくなってきて、お腹の硬さと圧痛も取れてきました。

では左肩甲骨にかけてはどうだろうか?

同じく消失!!

動かしても良好になりました!!

 

<まとめ>

肩にかけては関節だけの問題ではなく、腹部の状態も反映されることがあります。

今回の症例はまさにこのパターンであったと言える。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

9:00~19:00(12:00~14:00は休憩)

産後バネ指 20代女性 鍼灸治療症例報告

産後バネ指の症例報告

今日は産後のバネ指の症例を報告させていただきます。

産後は手首の腱鞘炎やバネ指はお悩みの方が多い症状のひとつです。

 

当院では現在、整動鍼という鍼術を取り入れています。

その整動鍼導入以後、ばね指、突き指などの手指の症状には高い効果が出ています。(個人差あり)

 

さっそく症例を発表させていただく・・・。

 

おっと、その前に・・・

 

定義:ばね指とは?

指を屈曲(まげる)あるいは伸展(のばす)しようとすると中途でひっかかったように動かなくなり、無理に力を入れたり他動的に動かそうとすると、ばね仕掛けのように突発的に屈曲あるいは伸展の動作がおこるもの(弾撥(だんぱつ)現象)をいい、弾撥指ともよばれる(コトバンクより)

詳しくはこちら→ばね指(弾発指)/日本整形外科学会

 

チェックリスト

□指を曲げるとその位置から戻らない

□指を曲げると痛い

□曲げた指を伸ばそうとするとカクンと戻る

これらが該当する場合はばね指の可能性があります

 

院長のばね指ヒストリー

実はわたくしは過去にばね指になったことがあります。

ゴルフをかじっていた時期があり、初心者でしたのでグリップを握る強さが強すぎて左手小指と人差し指がばね指になりました。

・何かを持っても手が離れない(コーヒーカップが離れなかったです)

・指を曲げるのがおっくうになる

・何よりも指を使う仕事なので仕事に支障が出すぎて大変でした。

そんな経験もあり自分と同じようなお悩みを持つ方のお力になりたいという思いからばね指に力を入れています。

また困るのはばね指って他の医療機関に行っても様子見だったり抜本的な策がないんですよね。

当院にいらっしゃる患者さんのほとんどはそうです。

中には患部にめちゃめちゃ痛い注射を打たれても結局何も変わらなかったという方もいました。

では、症例に移らせていただきます。

 

今回の患者さん

20代女性 産後2ヶ月

まず首や肩、腕の痛みが有り、その後左手薬指、小指のバネ指と診断される。

整形外科にて理学療法士さんによるマッサージ、ストレッチ、運動指導。

接骨院で電気治療、マッサージ、湿布にて対処するものの治る気配はみられない。

 

症状やご来院動機

ご来院のきっかけは当院が配信しているSNSインスタグラムをみられて。

インスタグラムで【バネ指】と検索すると注射痕や包帯の写真が多い中、動かなかった指が動いている動画をみて『ここだっ!』と思いご来院。

 

症状は左の薬指と小指を曲げると痛む。カクンとなる。

そのため腕が痛く、お子さんが泣いていても抱っこができない。

 

治療

背中のツボ、肩甲骨のツボに鍼(鍼合計4本)

他には肩、首を活法で治療

クラゲ、頭の無重力、コリ抜き、坐骨切りなどを行う。

※指には一切鍼を打ってません

 

 

鍼治療を行ったビフォーアフター

これは初回鍼治療前~2回目の鍼治療後までのビフォーアフターです。

初回時の指がカクンとなる感じから2回目終了時の指を曲げた際の曲がり具合まで大きく変化していることが分かります。

 

ちなみにこの2回目治療で左薬指と小指のバネ指は気にならなくなりました。

 

まとめ

動きが変われば痛みは取れてきます。

また、この患者さんは「指が楽になってきたことで気持ちも変わりました!」とおっしゃってました。

お子さんが抱っこできるようになり、ご本人もお子さんも周りのご家族も幸せな気分になれたようです。

やれなかった事ができるようになり、笑顔の花が咲く。

こういったサポートができて本当に嬉しく思います。

 

ひとりでも多くの産後の腱鞘炎やバネ指で悩まされている方のお力になれれば幸いです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

9:00~19:00(12:00~14:00は休憩)

ニュース


2018年3月29日 メディア掲載のお知らせ 赤ちゃんを産み育てる女性の応援webマガジン「Happy Angel」P.14にスギヤマ治療院が掲載されました。

2018年9月22日 産後バネ指 20代女性 鍼灸治療症例報告 ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る