フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

乳酸を嫌う必要はない?

乳酸は備蓄物

トレーニングや慣れない運動をする際に溜まるのが乳酸

疲労物質というイメージが強いですね。

僕もトレーニングしていてパツンパツンになってこれ以上トレーニングをできなくするものという位置付けでしたが…

どうもそうではないらしい。

 

図を自作してみました。

食べた糖が解糖系という代謝でグルコースと呼ばれるものからピルビン酸というものになります。

仮に酸素がある活動であればその次にミトコンドリア内で行われる代謝という過程に進みます。

しかしながら、酸素を用いない呼吸である嫌気性呼吸と呼ばれる過程においては上記の図のような経路をとります。

 

ピルビン酸が筋肉で乳酸を作り、次に血流に乗って肝臓に行きます。

ちなみにこの時乳酸はエネルギー源として備蓄されています。

つまり、体にとって必要だから乳酸ってできているのです。

その乳酸はピルビン酸に戻り、また再びグルコース、つまり糖として働くわけです。

この過程をコリ回路と呼びます。

 

乳酸⇄ピルビン酸この反応でナイアシンというビタミンBの一種が使われます。

勘のいいあなたはお分かりでしょうか?

俗に疲労物質と言われる乳酸。

ナイアシンがないと再び糖に戻ることはできません。

よってビタミンB群はこういうところでも大切であることがわかります。

ちなみに乳酸→ピルビン酸の代謝を低下させるのは運動不足です。

疲れるから運動したくな〜いという場合は乳酸が有効に使えない状態に向かって行っているのかもしれません。(戒め)

 

まとめますと乳酸は疲労物質とは言われますが実は糖に変わる重要なものです。

あくまで僕のイメージですが糖が形を変えてストックされている感じですかね。

そのストックされている乳酸を再び糖として使えるようにするにはナイアシン(ビタミンB3)が必要。

その糖として再び使えるようにしてあげるのは運動している人の方が得意というわけです。

揉んだりするよりも鍼で腸内環境を整えてナイアシンとってあげた方が乳酸を有効に使えるという仮説が立ちます。

うん。

これは役に立つ!

 

またこれからも情報を配信していきますね!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

だるい、朝起きれない、疲れが取れないから抜け出す方法

いきなり精神やメンタルで片付けていいの?

だるい、疲れが取れない、朝起きれない…

そういった検査的にはわかりにくいが不調というお悩みは少なくありません。

よく分からないから病院に行こう!

病院でも分からないから『精神的なもの』という着地をして薬がたくさん出される…。

なかなか良くならない。

病院に行こう…というループにはまる例は少なくありません。

これ、僕が独立する前の会社には数例ありました。

その時僕の上司は『メンタルが弱い』とか『あいつは病気だった』と言っていたが今思えばまずやれることがあったんだよなとも。

 

前置きが長くなりましたがお話をしていきます。

 

結論

エネルギーがしっかりと作れている身体を作ることがまず大切!

 

なぜか?

それは食事がちゃんと取れているか?

腸の状態はいいのか?バナナ状の便は出ているか。おならはくさすぎないか?

 

食事に関していえばタンパク質がうまく使えているか?

糖や脂肪をエネルギーに変えることができているか?

それをエネルギーに変えるためにビタミンBなどはちゃんと取れているのか?

そう言ったことがポイントになってきます。

 

エネルギーという言葉を多く使っていますがエネルギーが大切です。

エネルギーが作られればだるさや疲れが取れない、朝起きれないというのは解消されます。

ケータイ電話でもバッテリーがないと動かないですよね。

バッテリーがないのにアプリは起動させれないわけです。

朝起きて充電したはずなのに自分のスマホが13%しか充電されてないとかどうです?

精神的なものの前にまずその人の身体の状態を整えてあげたいですよね?

 

どうしたらいい?

結論から言うと食べれるようにして吸収もよくしてあげる。

 

効率を考えるとタンパク質で作られるミトコンドリアが作るエネルギーは糖だけで作るエネルギーよりも効率はいいです。

なので疲れたら糖!みたいなスローガンもありますがタンパク質は忘れずに!

さらに糖や脂質を活かしきるためにビタミンBの存在は欠かせないです。

豚肉などに含まれるビタミンB1は体内で作れないので外から取る必要があります。

これから夏になりますがお腹を満たせればそうめんだけで終わりとかめんどくさいからアイスクリームだけで終わりとかまじで最悪ですからね。

 

しかし、ここで問題が生じる。

食べたくない…

手前味噌になってしまいますがこういう時は鍼灸の施術が非常に親和性が良いので食欲不振をまずは回復しましょう

鍼灸の施術でサポートができます。

 

次に食べれるようになったが。

吸収はできているのか?

ここで便の状態はどうなのかが大切になってきます。

再び手前味噌になってしまいますがこういう時も鍼灸の施術の守備範囲内なので腸内の状態を健康にして便の状態も回復しておきましょう

ちなみにビタミンB1以外の重要なビタミンBは腸内で作ることができるので腸内の状態を健康に保つことは良いことですね。

特にビタミンB6というビタミンは幸せホルモンセロトニンを作るのに一役かっております。

 

他、何かしらストレスを抱えていらっしゃる場合。

自律神経のバランスを考えていくと食べれない、腸の状態も良くない状態になりますのでストレスの緩和もしておくとなおベターです。

 

まとめ

エネルギーがしっかりと作れている身体を作ることがまず大切!

いきなり精神的なものに話が飛躍してしまう前にまずは自分のバッテリーを充電しやすい状態にしておきたいですね。

そういう時は鍼灸と栄養からのアプローチが吉となります。

ぜひ参考にしてください〜。

 

追伸

当院はGoogleの口コミ数やweb公開症例がこの地域では一番多いことから予約が混み合いやすいです。

ご予約の際はお電話もしくはLINEにて予約状況をご確認の上ご予約をお取りください。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る