フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

転職後発症した耳鳴り 50代男性 鍼灸治療症例報告

耳鳴りの症例

当院は突発性難聴、耳鳴りの耳鼻科症状の治療を専門分野の一つとしています。

今回は耳鳴りの症例をご紹介します。

 

患者さん

50代男性あま市

鍼灸を受けるのは初めて。

ご家族のご紹介でご来院。

 

ご来院

2019年10月〜(現在メンテナンス)

週1ペースでご来院。

 

症状

4年前まで立ち仕事をされていた。

その後デスクワークを中心のお仕事に転職され、その後右耳の耳鳴りに悩まされるようになった。

基本的に耳がザーッとなっているように感じる。

それまでは全然気にならなかった首や肩のコリも気になるようになっていた。

ちなみに耳の聞こえ自体は悪くない。

 

治療

首や肩の緊張を見ていくと右側に強く緊張が見られた。

その部位を緩めるために足部やふくらはぎや背中のツボを使った。

初回以降から耳の聞こえが和らいでいき、3回目以降から意識しなければ耳鳴りは気にならなくなったとのこと。

現在は日常のメンテナンスで通われているがその後も再発はない。

 

使ったツボ

・僕参、築賓、飛揚

・T2(1.5)

 

まとめ

耳鳴りは耳周囲の血流がポイントになってくる。

耳鳴りが起きているときは首や肩の緊張も強くその点で血流の悪さを引き起こしている事が考えられる。

そのため今回のようにそれらを和らげる事で改善につながるケースは多い。

また経絡という東洋医学独自の考え方では腎経や膀胱経といった耳と関与が深い経絡に所属するツボで結果が出たことも興味深い考察である。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

危険な耳鳴り

耳鳴りで注意すべき事柄

今日は鍼灸師向けなのかな?

患者さん向けなのかな??

どちらが読んでも役立つような内容だと思います。

 

病院で良くならなかった。

そして鍼灸院に来た!

良くなった!!

 

患者さんにも施術者サイドにとっても。

そういったことはよくあります。

 

赤旗

新聞のことではありません(汗)

当院は突発性難聴や耳鳴りの耳鼻科の治療を専門分野のひとつとしています。

だからこそ発信します。

レッドフラッグと呼ばれる危険な兆候には敏感でなくてはならないと思います。

僕の中では『鍼灸師ならこれくらい治せないと!』というおごりは一番ダメだと思いますし、患者さんをスムーズに医療機関に誘導してあげないといけないと思ってます。

 

これを読んだ鍼灸師でない方も覚えておいて損はありません。

 

拍動性の耳鳴りは危険

 

『ドクドクと血管のような音がする』

『ドクドク』が脈を打つタイミングと合致している場合。

かなりのパーセンテージで動脈瘤であることが考えられます。

最悪の場合命を落とすこともあります。

こういった場合は直ちに病院にいきましょう。勧めましょう。

必ず病院にいきましょう。勧めましょう。

 

まとめ

今日は危険なパターンをお伝えしました。

こういった危険なパターンを知っておくだけでも鍼灸師も患者さんも良いですよね。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

耳鳴り 50代女性 鍼灸症例報告

耳鳴りの症例報告

当院は突発性難聴や耳鳴りと言った耳鼻科症状を専門分野の一つにしています。

今回は耳鳴りでお悩みだった方の症例を報告いたします。

 

患者

50代 女性 愛西市 鍼灸の経験なし。

歯科の仕事をされている。

 

来院

2019年8月〜(現在もメンテナンスで通われている)

 

症状

2019年5月頃突然右耳に耳鳴りがし始めた。

キーン、ミーンと常に鳴っておりひどい時には眠れず、途中で起きてしまう日も。

そう言った症状でお悩みだった際に職場の方から当院を勧められご来院された。

 

施術

耳鳴りの状態が完全になくなる、もしくはあったとしても日常生活には支障がない段階まで持っていくことを共通の目標とした。

耳鳴りに伴い、肩や首のコリ感や顎関節に対するアプローチを行った。

通院頻度としては5回ほどまでは週に2回。

その後、耳鳴りがあるもののボリュームが小さくなってきたので週に1回で行った。

現在では強いて言えば遠くの方でセミが鳴いているようになり、日常生活には支障がなくなってきた。

肩や首が硬くなりやすいのでそのメンテナンスで現在も通われている。

 

使ったツボ

内谷、外谷、僕参、養老

 

考察

もともと緊張性頭痛、首肩こりも起こりやすい方なのでその点を加味して耳鳴りの治療を行った。

耳鳴りはそういった部分から結果として起こり得るためアプローチとして合点したと考えられる。

 

今後も突発性難聴や耳鳴りの治療を積極的に行い、困っている方達の明るい未来に貢献していきたいと思います。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

ニュース


2018年3月29日 メディア掲載のお知らせ 赤ちゃんを産み育てる女性の応援webマガジン「Happy Angel」P.14にスギヤマ治療院が掲載されました。

2018年9月22日 産後バネ指 20代女性 鍼灸治療症例報告 ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る