フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

副鼻腔炎を考える

副鼻腔炎と鍼灸

副鼻腔というのはこのようなものです。

(ムック本、鼻の経絡さすり参照)

 

簡単にいうと鼻腔という鼻の穴とつながっている目の奥や鼻の両側にある空洞を副鼻腔と呼びます。

またその役割が秀逸!

鼻から身体に取り入れた空気を37度の温度で湿度100%に調整してくれている!

感謝!

 

その副鼻腔を覆う粘膜が炎症。

副鼻腔と鼻をつなぐ管が鼻水や膿が溜まって閉塞、副鼻腔内の粘液が排泄されない状態です。

溜まったままになっていると副鼻腔内の病原体が溜まり続けて炎症が悪化。

においも感じにくく、頭痛がしたり、目の奥が痛い、耳が聞こえにくいなどのトラブルもあります。

 

鼻づまり、副鼻腔炎は鍼灸でも適応可能です。

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る