フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

ビタミンを摂る量

ドーズレスポンス

僕らの分野で言えば生理学。

家庭科の時間か理科の時間にもやるのかな。

 

ビタミンの必要量。

 

結論から言うと僕らが目にする厚生労働省が発表している量は明らかに足りないんです。

なぜなら必要最低限の栄養失調にならない量が書いてあるからです。

例えばビタミンC。

足りない場合は壊血病と言う病気になるとされています。

僕らは壊血病ではないにも関わらず副腎の疲労を抱えられている方は多いです。

 

最低必要量は日常生活で満たされているけれど本当に体が欲しい量までは達してない。

つまり、摂るビタミンの量というのはその人が何を望むのかによって異なります。

例えば今の例で言えば副腎を回復されるのであれば至適量は多くなるわけです。

これをドーズレスポンスと呼びます。

 

ご自身がどの栄養素をどれだけ摂るのかはその時その時の状況によって異なるというわけです。

ちなみに副腎を回復させる場合1つの赤血球に対して150gのビタミンC。

白血球は80gのビタミンC。

壊血病は0.1gのビタミンC。

 

すごく重要なので覚えておいてください〜。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る