自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日午後、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

寝てるけれど寝た気がしない意外な理由

実は寝ながら戦っている?

当院では新型コロナウィルス以降自律神経系の治療を行うことが増えてきました。

多いのは眠れない、疲れが取れない、朝が起きれない、寝ても寝た気がしないなどなど。

 

今日はなぜ寝たのに休まらないのかと言う部分を掘り下げていきたいと思います。

自作でこのような図を作りました。

あくまでイメージです。

血糖値の理想は90。

寝て熟睡ができている人や寝てスッキリして疲れが取れると言う方は90で安定しています。

その時は寝ながら成長ホルモンやコルチゾールと言うホルモンの活躍があります。

 

しかし、寝ても寝た気がしない人などは90を下回っています。

じゃあこの差をどうめているのか?

副腎から出るアドレナリンやノルアドレナリン、膵臓から出るグルカゴンと言うホルモンで血糖値をあげます。

特にアドレナリンを考えていくとアドレナリンというのは戦いのときにブワッと出るホルモンです。

つまり、寝ながらにして緊張しているわけです。

そのため、寝汗をかいたり、歯ぎしりをしたり、緊張が抜けないので寝違いが起きたりしてしまいます。

 

全然休まりませんね。

 

ここで気をつけたいのは血糖値が上がる食事を寝る直前はやめる。

寝る間際のアイスクリーム、お酒。

他、寝る前のスマホも成長ホルモンの分泌に関わるので要注意です。

 

自律神経系のバランスを整えるのは鍼灸が非常に有効ですから日常の生活習慣で気をつけることと合わせて取り組んでいくと吉と出ます!

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

実は“タンパク質=ぼく、わたし”

タンパク質はマッチョの極み。そんな間違いしてませんか?

「タンパク質を多めに摂るのを意識している。」そんなことを言うと…

 

「え?何目指してんの?」

そういった質問が飛んできた経験があると言う人も少なくないのでは。

あなたはどうですか?

 

なぜならタンパク質はマッチョが取るもの、一般人には馴染みがないもの。

そんなイメージは平成をジャンプしてもあったり、なかったり。

 

実は人間はタンパク質の塊なんです。

皮膚も髪も爪も、もちろん筋肉も。

あなたのほとんどタンパク質なんです!

 

え?水じゃないの??

 

そうなんですが体内で水を支える器も運ぶのもタンパク質がやっているんです。

筋肉を“作る”だけではなくタンパク質の働きは本当に多岐に渡ります。

 

今、普通に生活してますよね?

それ、タンパク質が関わりまくってます。

タンパク質=マッチョが摂取するマニア向け食品ではなく。

タンパク質って尊いんです。

 

何を食べたらいい?

これはよく聞かれるお話です。

「豆腐食べればいいっすか?」なんて感じです。

 

ここで押さえておきたいのがプロテインスコアという考え方。

結論から言うとプロテインスコアが高い食事を取りましょう

無駄がありません。

 

タンパク質は20種のアミノ酸と呼ばれるものが結びついてます。

その中でも体内で作れない、いわば外から取らないといけない必須アミノ酸と呼ばれるものが9種類あります。

必須アミノ酸は9種類のうちひとつでも必要量に満たないと最も少ないアミノ酸に準じた量しかタンパク質が作られません。

要は一番低いアミノ酸の数値が採用されてしまうということ。

この図がわかりやすいです。

このカタカナで書いてあるやつが必須アミノ酸です。

桶をイメージしてください。

桶って一枚一枚板が揃ってそれが輪になってできていますよね。

左側の桶は板の高さがまちまちです。

左は小麦粉ですがフェニルアラニン+チロシンという板が高く頑張っていてもリジンという板が低いのでこの桶はそこまでの高さまでしか水が組めません。よって小麦粉は有効に使えるタンパク質が低く、プロテインスコアは低いとなります。

 

対して右側は卵です。

全部が高い位置にあります。

卵は有効にタンパク質が使えているのでプロテインスコアは高いとなります。

 

植物性よりも動物性の食品の方がプロテインスコアは高いです。

卵のほかシジミはプロテインスコアは100。

レバーや豚肉やなどイワシなども高いです。

対して大豆などは56と動物性のものに比べて低いので効率の面では動物性が良いです。

 

ここで注意したいのは人は満腹になると言うことです。

何で満腹にするのか?が大切。

プロテインスコアが高いものをいっぱい食べても小麦製品のみを食べてもお腹は満腹になります。

しかし、体の中に入って体の中で起こることに関しては全然変わってきますのでその点注意しましょう。

ちなみに卵は1日1つしかダメというのは都市伝説なので全然食べて頂いて構いません。

 

卵も肉もなかなか食べる機会がないと言うあなたにはこれをオススメします。

プロテイン!

 

タンパク質は体に吸収されて食べた分だけ全部活用されるわけではなく、食品によって実際に材料になるのかどうかは異なります。

そのどれだけ体の材料になるかの割合を表したのが生物価と言う価。

ホエイプロテインというのがあるんですがそのホエイプロテインは生物価が104%と非常に効率よく身体の材料になってくれるのでオススメです。(画像は都合上大豆です。)

ちなみに100%を超えている理由に関してはタンパク質って窒素を含むのですがホエイプロテインは身体の中にある窒素もうまく利用してくれるので100%以上の働きをします。

もう、マッチョの粉薬という概念は捨てましょう!

立派な栄養補助食品です。

 

エネルギーを作るにも美容にもタンパク質は必須なので今日から始めてみましょう!

また、タンパク質の代謝には消化吸収に関わる腸、自律神経系の安定がキーポイントになってきますので鍼灸の施術を栄養を併せて行うとすごく調子が変わってくることが期待できます。

 

オススメプロテイン紹介

愛知県一宮市住む、人生を変えるコーチことのりさんが非常にわかりやすくプロテインを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

 

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

たった5分でできるストレスリリース法

誰もが知っているあの方法

現代の日本は総ストレスフル社会と揶揄されることも少なくありません。

どこかでストレスをリリースするのが大切なのです。

最近では瞑想などがいいと聞きますがすごく有効かつ簡単なうちの息子も毎日こども園でやっている方法をお伝えします。

 

それは。

 

昼寝。

 

5分でいいので昼寝するだけでもリセットが効きます。

確かに数分でもスッキリしますからね。

オススメです!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

動けない、疲れが抜けない時の朝食の極意

基本のキ

エネルギーがなかなか作れない状態があると動けなかったり、疲れが抜けなかったりします。

ここで抑えておきたいポイント!

朝食からタンパク食を取るのが良いです!

 

実は白飯だけとかパンだけというのはベターではありません。

なぜならそれは糖質だけだからです。

 

僕は必ず卵とか納豆を食べます。

最近ではタンパク質の代謝を高めるためにビタミンB群を摂るようにしたところ段違いに朝起きやすいですし基本シャキッとしております。

 

しかし、あなたが朝から食べるのはハードルが高いよという場合。

プロテインで代用するのもGoodアイデアです!

 

地道なところからコツコツとやっていきましょう!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

最適な体内リズムをご存知ですか?

日内変動という体内リズムのお話し

副腎という非常に大切な臓器があります。

その副腎は抗ストレスホルモンであるコルチゾールを分泌するのですがそのコルチゾールは終日一定に分泌されるのではなく波があります。

この写真のような感じです(「うつ」と思ったら副腎疲労を疑いなさい)

コルチゾールの分泌は脳にある体内時計で調節されています。

これを日内変動と言います。

 

コルチゾールは体を目覚めさせる働きもあるので朝にマックスになり次第に落ちていきます。

ストレス過多で副腎が疲れているとそうもいかず夜にマックスを迎えて朝にかけて落ちていき身心の不調をきたすということも出てきます。

 

このように日内リズムを正常にするために副腎の疲労を和らげておくことは本当に大切ですね!

鍼灸では自律神経のバランスを良くし、腸など内臓の調子を整えることで副腎にかかる負担は軽減し、回復が期待できます。

さらに加えるならビタミンCやB群をとって、糖質の制限を考えたりする事でさらに良い状態が期待できます。

 

当院は自律神経の乱れからくるあなたのお悩みを全力で解決していきます!

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る