自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

炭水化物量の目安

すぐにわかる目安!

糖質制限すると疲れる。

ではどれくらい最低限食べればよいのでしょうか?

 

 

「グーを作ってください!」

その大きさが1回の食事で食べる炭水化物量の目安です。

それ以上は食べなくて良いです。

 

参考にしてください。


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

腸内環境改善サプリメント

プロバイオティクスサプリメント

プロバイオティクスとは人体に良い影響を与える微生物、それらを含む製品や食品などをさします。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料は200mlあたり20億程度の乳酸菌数。

積極的に腸内環境を改善する場合は500億/日以上必要とされています。

良い菌をとれば良い状態になります。

 

身近なところであれば。

・ビオスリーなどの酪酸菌。

大腸のエネルギーにもなり小腸の運動を活性化します。

・ロイテリ菌

カンジタ菌を減少させます。

 

僕もロイテリ菌を始めています。

調子は良いです!

体調も良くなるのでオススメです!!


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

グルテンについて

グルテンってなに?

ここ最近、巷でもグルテンという言葉をよく聞くようになりました。

グルテンフリーとか聞いたことないですか?

ではこのグルテンというのはなんなのでしょうか?

 

グルテンというのは・・・

・血糖値を上昇させる高GI食品(GIとは食後血糖値の上昇を示す指標)

・アミノ酸の配列がモルヒネと非常に似ている(脳をコントロールするのでやめられない)

・ゾヌリンというリーキーガットを引き起こすタンパク質を放出させる

・小麦を水でこねることで多くのグルテンが作られる

・つまり小麦の中に最初からグルテンが含まれるわけではなく水と絡むことによって人工的に作られたタンパク質。

・醤油や味噌や麦飯などは似た構造だがグルテンではない(こねた時に発生する)

 

引き起こされるお悩み

・セリアック病

グルテンによって引き起こされる小腸粘膜の炎症性疾患

・小麦アレルギー

グルテンに対するIgEと急性アナフィラキシー症状

・NCGS(グルテン感受性・グルテン不耐性)

グルテンの消化に必要な消化酵素が不十分であり小腸内にグルテンが残ってしまう。

つまり異物が残り続けた状態。

罹患率は6%。

 

症状としては。

腹痛83%、膨満感87%、下痢や便秘、吐き気、胃食道の逆流、アフタ性口内炎、疲労感64%、うつ病18%、不安感39%

その他、皮膚炎、皮膚の発疹、頭痛、足や腕のしびれ、貧血などが挙げられます。

 

総じて、ラーメンのみ、パンのみという食事の方は注意が必要です。

 

対策

練りこんだパンや麺類などの小麦を避ける。

他、グルテン用の消化酵素をとるなど。


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

SIFOについて

SIFOとは?

SIBOは小腸内に細菌が増えすぎてしまっている状態を言いましたがSIFOというものもあります。

これは小腸内細菌症状、腸にカンジタという菌がいて簡単にいうと悪さをしている状態です。

 

このSIFOはSIBOの人の半数に見られます。

腸の壁を突き破ってしまうリーキーガット症候群を引き起こしてしまうので注意が必要です。

腸壁が破綻して、微生物や未消化のものが全身に行ってしまう。

これ大変ですね。

 

このリーキーガットは症状から考える。

例えば全身にかゆみが生じたとかアレルギーの症状がみられるなど。

 

対策に使えるもの

このSIFO、カンジタ対策に使える身近なものはココナッツオイルです。

菌を殺してくれますので抗カンジタ作用が期待できます。

 

ちなみに動物実験でもココナッツオイルもその一つである中鎖脂肪酸を取っていた場合、腸の壁が分厚くなっていたという報告もあります。

 

注意

カンジタは鉄分が大好物ですので例えば鉄分不足だからという理由で鉄剤を飲み続けていたりするとカンジタの餌になりますので要注意です。

 


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

SIBOについて

SIBOとは?

SIBOとは小腸内細菌増殖症といって小腸内に細菌が増えすぎてしまった状態を言います。

本来、腸内細菌は大腸に多いです。

しかし、腸内細菌が少ないはずの小腸に細菌が増えてしまった状態。

その小腸内の細菌がガスを発生させてしまいます。

 

SIBOの症状

・腹部膨満感、ゲップ

・腹痛、下痢、便秘、吐き気

・逆流性食道炎、ガスによって胃酸が押し上げられる

・鼓腸症、お腹が張る

・過敏性腸症候群

 

SIBOの原因として考えられること

・胃酸の低下、胃で殺菌ができていた場合と余分な菌が小腸まで行かない

・小腸の運動性の低下、ストレスなどによる

・睡眠不足、消化管が動かない

・睡眠薬の服用、ベンゾジアミン系。消化管の動きが止まってしまう

・ストレスや過緊張、消化管動かない

・抗生物質の服用

・食物不耐性、自分にとって調子が悪くなるものをとっている

 

タイプ別

・便秘型SIBO

メタンガスが発生し蠕動運動を止めてしまう。

便の滞留が長くなる

痩せにくく肥満型が多い

 

・下痢型SIBO

水素ガスが発生。

痩せ型に多く、インクレチン分泌多、インスリン分泌、低血糖型。

インクレチンが食道括約筋を緩めてしまい逆流しやすくなる

 

治療

低FODMAP食

注意したいのは小麦、乳製品、豆類など。

やはりそもそも腸内環境が良いことが理想です。

 

 


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る