自律神経失調症、腰痛、鼻炎専門 医療従事者も利用されるフルミチ鍼灸院
ネット予約

愛知県あま市古道長田451-1 (名鉄七宝駅から北へ1km)

■営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00

■休診日 水曜日午後、日曜日、祝日の月曜日

土曜日午後も診療駐車場完備

ブログ

ブログ

野球肘 10代男性 鍼灸治療症例報告

今日は野球肘についての症例です。

 

<野球肘とは?>

そもそも野球肘とは何だ?というところですね。

野球肘とは学校野球レベル以上で良く発生する投球過多によるオーバーユースによる肘の障害です。

一般的には投げることを止めて安静にするのがセオリーです。

 

<今回の患者さん>

甲子園出場歴のある高校に通われています。

ポジションはショートストップ

(写真はフリー画像をダウンロード)

特にどんな時が気になるのか?

今の今、嫌な感じはないけれど肘の出っ張っている部分が痛むとのこと。

投げる際に肘頭とよばれる部分が痛むことが分かりました。

 

実際に広くみていくと右利きというのもあるせいか右の肩甲骨周りの硬さがみられました。

また、腕も上腕から前腕にかけて張っております。

 

<当院ではこうしました>

当院では動きの改善を図ることで症状の改善をしていきます

まず投球する動きをして頂きました。

本人的には自分の普通が今の状態なのでイマイチ分からないとのこと。

念のためその状態を記憶して頂きました。

 

肩周辺が硬いので肩回し、肩甲骨のこりぬきという活法の技術を選択。

その後、再び投球動作を行う。

 

すると・・・

 

『おぉおお~、違う!軽いです!!』というリアクション。

 

次に腕の張り感を取るために腕には鍼をせず。

肩甲骨に一本。

 

すると・・・

腕の張り感が消えさらにスムーズな動きになりました。

充分に変化がみられたので今回は終了とさせて頂きました。

 

確かに肘のみに注目がいきやすいところではあります。

しかし、木を見てさらに!!

森をみていく事の方が大切であると僕は考えておりますので今回も肩の動きから広く見させていただきました。

 

僕はどのスポーツも選手生命があるうちは楽しく有意義な時間を過ごしていただきたいと思っております。

肘ひとつとってもそれがきっかけで・・・というのはありますのでいつでもそのお悩みを抱えている方のお力になります。お困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

9:00~19:00(12:00~14:00は休憩)


ご予約・ご相談お待ちしております。

フルミチ鍼灸院へ電話をする

フルミチ鍼灸院と友だちになる

フルミチ鍼灸にネット予約する

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る