頭痛・腰痛・自律神経失調症・イップスならスギヤマ治療院へ

スギヤマ治療院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

脚のむくみとだるさ 30代女性鍼灸治療症例報告

今日は女性に多い脚のむくみ、だるさに対する症例を報告させていただきます。

 

<今回の患者さん>

30代女性

 

<症状と来院動機>

もともとPMS(月経前症候群)があり、そのためむくみやすい傾向にあった。

日を追うごとにむくみはひどくなり、脚がだるく、仕事終わりには象の足のようになる(本人談)とのこと。

ランニングを行うことで対策をされてきたが芳しくなくご来院された。

 

<実際の施術>

みてみると以下のようなイメージになる。

膝から下が水っぽく、またPMSを訴えられているので下腹部に圧痛がみられました。

 

初回

だるさであったり、むくみに関しては水分の代謝に着目した。

その反応が現れるツボが腰部にあり、押してみたところ圧痛がみられた。

そこに鍼を打つのではなく膝裏のツボを使う→腰部の反応が消える。

また下腹部の圧痛がみられたのでそれに対応する婦人科系に関連するスネにあるツボ2つに鍼。

→下腹部の反応が消える。

 

2回目

前回からの違いをお聞きしたところ

脚のだるさ、パンパンになったような痛みは少ないとのこと。

また下腹部の違和感も軽減

 

腰部や腹部の反応をみると前回ほどではないが圧痛などはみられたため同様のヶ所に鍼をした。

同じく、鍼をすればその部位の押した時の嫌な感じなどは無くなった。

 

3回目

2回目からの違いをお聞きした。

以前よりだいぶむくみも少なかったとのこと。

その間にきた生理痛もいつもよりも軽めであったようだ。

かなりいい傾向にあると思う。

その回はそれ以外に気になる症状があったのでそこをメインとさせていただいた。

 

<まとめ>

回を追うごとに変化はみられているのが分かる。

むくみ感であったり、だるさも軽くなっている点。

そして同時進行で行った婦人科系のツボを使ったアプローチにより生理痛が軽減している点。

つまり、鍼でも充分に女性の症状での変化がみられることが分かる。

 

当院は関節関係の運動器疾患の患者さんが多いがそれ以外でも対応ができることを示すような症例であったと言える。

ひとりでも多くのそのようなお悩みをお持ちの方のお力になれれば幸いである。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

9:00~19:00(12:00~14:00は休憩)

ニュース


2018年3月29日 メディア掲載のお知らせ 赤ちゃんを産み育てる女性の応援webマガジン「Happy Angel」P.14にスギヤマ治療院が掲載されました。

2018年9月22日 産後バネ指 20代女性 鍼灸治療症例報告 ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る