フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

胃酸は悪い奴ではない!タンパク質代謝には欠かせないナイスガイ!

胃とタンパク質代謝

以前のブログであなたにとってもタンパク質が非常に大切であることをお話ししました。

実は“タンパク質=ぼく、わたし”

 

しかし、そのタンパク質はタンパク質のままあなたの身になっているわけではありません。

つまり、ブロンコビリーでステーキを食べてもブロンコビリーがあなたの血となり肉にはなりません。

なぜならブロンコビリーのお肉は牛のタンパク質であり、あなたを含めた人という動物にとっては“異物”でしかないんです。

結論から言うとアミノ酸という形になってあなたにとって異物ではない形にしないといけません。

じゃあどうなっているのでしょうか?

 

今日は胃酸をピックアップします。

 

これはあなたもみたことがあるかもしれません。

胃です。

胃酸というのはPH1~2のかなり強酸性の消化酵素。

胃酸は空腹時にストレス過多になっている時に分泌が多くなります。

不便なことも多く、マイナスなイメージも多くつきます。

 

しかし、あなたを含めた人の体にとって必要不可欠な存在です。

胃酸があることで殺菌します。

また、タンパク質の代謝にはめちゃめちゃ大切な役割をしています。

この図をみてください。

タンパク質がアミノ酸になる過程を表したものです。

代表的なものを書きました。

このようにタンパク質はあなたの体内に入り消化管の中で形を変えてアミノ酸になります。

胃では胃の消化酵素ペプシン、十二指腸では膵臓の消化酵素トリプシン、小腸では小腸の消化酵素ジペプチターゼが働きます。

胃で働くのはペプシン。

このペプシンは初めからペプシンではなく…

ペプシノーゲンという前駆体が胃酸によってペプシンに変化します。

よってタンパク質の代謝には胃酸が必要不可欠になってきます。

つまり、胃の機能低下があり、胃酸が出ないと消化酵素の不足が引き金となり、タンパク質の代謝は低下してしまいます。

すると体の疲れが取れなくなったり、水も運べないのでむくんだり…いろんな影響が出てきます。

ちなみに未消化のタンパク質はアンモニアなどを含みますのであなたの便が臭くなったり、腹が張ったりするなど腸内環境の悪化が予想されます。

そんな時はタンパク質代謝が悪いと思っていただければと思います。

 

胃酸はすごく大切なんですね。

よって胃が痛むからといってむやみに胃薬を飲みすぎると胃酸の分泌が抑制されてしまうのでタンパク質代謝の低下が起こることが予想されます。

頼りすぎは注意が必要ですね。

 

鍼灸と胃

鍼灸は肩こり腰痛のイメージが強いですが内臓の調整とは非常に親和性が高いんです。

あなたの自律神経のバランスが整い、胃の症状の改善、腸の状態が良くなる。

その結果、タンパク質の代謝も良くなることが期待できます。

 

胃とお食事

胃は消化管と呼ばれる管の中の一部。

胃に優しい食材をご紹介します。

・キャベツ

あなたの胃粘膜を保護したり修復。胃粘膜の細胞を修復、新生を促進。

キャベツは食べ方としては出来るだけ砕いてある方が消化に良いです。

その理由はより細かい方が食物内の酵素が働くからです。

とんかつに千切りキャベツが置いてある理由は原型よりも細かくすることで食物酵素を活性化させたいからです。

あなたが胃が弱い場合はペーストにしても良いでしょう。

 

パセリ

あなたの食欲を増進させたり、胃酸の分泌や消化の促進、胃潰瘍の発生を抑制します。

抗菌作用もあり、腸内環境の改善もします。

実は飾りではないパセリ。

これもパクッといけない場合は細かくして食べたいですね。

 

まとめ

胃は自律神経の影響をすごく受けます。

沈黙の臓器ではないので比較的SOSをキャッチしやすいです。

無理はなさらずに不調を感じた際はぜひ一度ご相談くださいませ。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

実は“タンパク質=ぼく、わたし”

タンパク質はマッチョの極み。そんな間違いしてませんか?

「タンパク質を多めに摂るのを意識している。」そんなことを言うと…

 

「え?何目指してんの?」

そういった質問が飛んできた経験があると言う人も少なくないのでは。

あなたはどうですか?

 

なぜならタンパク質はマッチョが取るもの、一般人には馴染みがないもの。

そんなイメージは平成をジャンプしてもあったり、なかったり。

 

実は人間はタンパク質の塊なんです。

皮膚も髪も爪も、もちろん筋肉も。

あなたのほとんどタンパク質なんです!

 

え?水じゃないの??

 

そうなんですが体内で水を支える器も運ぶのもタンパク質がやっているんです。

筋肉を“作る”だけではなくタンパク質の働きは本当に多岐に渡ります。

 

今、普通に生活してますよね?

それ、タンパク質が関わりまくってます。

タンパク質=マッチョが摂取するマニア向け食品ではなく。

タンパク質って尊いんです。

 

何を食べたらいい?

これはよく聞かれるお話です。

「豆腐食べればいいっすか?」なんて感じです。

 

ここで押さえておきたいのがプロテインスコアという考え方。

結論から言うとプロテインスコアが高い食事を取りましょう

無駄がありません。

 

タンパク質は20種のアミノ酸と呼ばれるものが結びついてます。

その中でも体内で作れない、いわば外から取らないといけない必須アミノ酸と呼ばれるものが9種類あります。

必須アミノ酸は9種類のうちひとつでも必要量に満たないと最も少ないアミノ酸に準じた量しかタンパク質が作られません。

要は一番低いアミノ酸の数値が採用されてしまうということ。

この図がわかりやすいです。

このカタカナで書いてあるやつが必須アミノ酸です。

桶をイメージしてください。

桶って一枚一枚板が揃ってそれが輪になってできていますよね。

左側の桶は板の高さがまちまちです。

左は小麦粉ですがフェニルアラニン+チロシンという板が高く頑張っていてもリジンという板が低いのでこの桶はそこまでの高さまでしか水が組めません。よって小麦粉は有効に使えるタンパク質が低く、プロテインスコアは低いとなります。

 

対して右側は卵です。

全部が高い位置にあります。

卵は有効にタンパク質が使えているのでプロテインスコアは高いとなります。

 

植物性よりも動物性の食品の方がプロテインスコアは高いです。

卵のほかシジミはプロテインスコアは100。

レバーや豚肉やなどイワシなども高いです。

対して大豆などは56と動物性のものに比べて低いので効率の面では動物性が良いです。

 

ここで注意したいのは人は満腹になると言うことです。

何で満腹にするのか?が大切。

プロテインスコアが高いものをいっぱい食べても小麦製品のみを食べてもお腹は満腹になります。

しかし、体の中に入って体の中で起こることに関しては全然変わってきますのでその点注意しましょう。

ちなみに卵は1日1つしかダメというのは都市伝説なので全然食べて頂いて構いません。

 

卵も肉もなかなか食べる機会がないと言うあなたにはこれをオススメします。

プロテイン!

 

タンパク質は体に吸収されて食べた分だけ全部活用されるわけではなく、食品によって実際に材料になるのかどうかは異なります。

そのどれだけ体の材料になるかの割合を表したのが生物価と言う価。

ホエイプロテインというのがあるんですがそのホエイプロテインは生物価が104%と非常に効率よく身体の材料になってくれるのでオススメです。(画像は都合上大豆です。)

ちなみに100%を超えている理由に関してはタンパク質って窒素を含むのですがホエイプロテインは身体の中にある窒素もうまく利用してくれるので100%以上の働きをします。

もう、マッチョの粉薬という概念は捨てましょう!

立派な栄養補助食品です。

 

エネルギーを作るにも美容にもタンパク質は必須なので今日から始めてみましょう!

また、タンパク質の代謝には消化吸収に関わる腸、自律神経系の安定がキーポイントになってきますので鍼灸の施術を栄養を併せて行うとすごく調子が変わってくることが期待できます。

 

オススメプロテイン紹介

愛知県一宮市住む、人生を変えるコーチことのりさんが非常にわかりやすくプロテインを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

 

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る