フルミチ鍼灸院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

ブログ

首〜背中〜腰の硬さや痛み 40代男性 鍼灸治療症例報告

甲羅を背負っているような感覚

今日は10年前からデスクワークをし、それ以来首や背中の硬さや痛みで悩まれていた方の症例です。

 

症例サイト・ツボネットで解説

 

クリックするとみれます。

非常に広範囲にお悩みが広がっている症例でした。

こういう時こそ”連なり”を利用できる鍼灸の腕の見せ所なんです。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

 

肩に激痛が走る 60代男性 鍼灸治療症例報告

ズキッと左肩が痛む

 

今日は昨年11月〜肩の痛みで悩まれていたご来院者さんの症例を報告します。

一見肩には関係がなさそうなツボで功を奏した一例です。

 

ご来院者

60代男性 名古屋市在住

鍼灸の経験なし

 

通院

2020年1月〜2月

2回

 

経緯と症状

2019年11月〜肩が痛くなってきた。

痛くなってきてレントゲンを撮った。

骨には異常はない。

ほねつぎで治療を開始し始めたが2020年1月中旬まで行ったものの変化はなかった。

 

当院に来るまでは左肩を動かすと激痛が走った。

肩を前にあげても横からあげても動きの制限が大きい。

 

施術

肩の関節の動きの悪さを見る上でまず頸部の硬さを見た。

頸部上部の硬さが見られたためふくらはぎのツボに鍼をした。

肩の動きは変わらなかったがその頸部の硬さの改善は見られた。

 

肩を前に上げれない。

もともと肩こりもあり、腰痛もあることから手の甲に鍼をして肩こりおよび、腰痛および、肩の上げにくさの改善を目的に行った。

肩を前に上げてもらうと頭上まで手が上げれるようになった。

 

腕を横に上げる動き

臀部の硬さがあることから足首にあるツボに鍼をした。

腕を横に上げることができるようになった。

 

ツボ

左威霊(腰腿点)、申脈、承山

 

まとめ

肩の痛みは肩だけをみていても前に進まない例は多い。

これは鍼灸ならではの解決方法であると思うがどの部位が引き金になっているかなどを考え、施術をしていくと改善が見られることが多い。

五十肩や野球の投球障害でもこの理論は当てはまりますのでお悩みの方がいれば是非ご相談ください。

首の痛み 50代看護師 鍼灸治療症例報告

重い物を持った時に首を痛めた

寒い時には多い症例です。

重い物を持って腰を痛めるというのはよく耳にしますが今回は首が痛んだ症例です。

 

患者

50代 看護師

 

通院

2020年 1回

 

経緯・症状

2020年年明けに灯油のケースを持ち抱えた瞬間にぎっくり腰のように首を痛めた。

インターネットで1月4日からやっている当院を検索してご来院された。

 

施術

可動域を確認していくと首を両側に回す時と上を向く時に痛みが生じる。

重たい灯油のケースを持った時なので首以外に関連があるとみて肩上部やふくらはぎや背中のツボに鍼をした。

痛みはあるものの関節可動域の大幅な改善がみられた。

その後、次の日にはすっきりと良くなったとご連絡を頂いた。

 

ツボ

左右五稜、右築賓、左T4(4)

 

まとめ・考察

重たいものを持った際にみられる首の痛み。

思い返せば年に1度はある案件です。

重いものを持つときは全身を使っています。

首に痛みが生じたということは体のどこかの連動がうまくいかず結果として痛みが生じているわけですからその連動中どこに問題があるのかを見極める必要があります。

つまり、首だけをみていても解決には結びつかない症例です。

もし、このブログを見ているあなたが首の痛みで悩まされているとした場合首以外に問題があることが多いです。

お悩みの際は一度ご相談ください。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

左肩五十肩 50代女性 鍼灸治療症例報告

五十肩の症例報告

今日は五十肩の症例を報告します。

当院にいらっしゃる方は腕が上に挙がらない、腕が後ろに回せない(結帯障害)という症状が多いです。

今回はその両方が複合した症例になります。

 

 

患者さん

50代 女性 あま市在住 鍼灸の経験あり

 

来院

2019年11月〜12月

 

症状

夏頃から肩が痛く挙げにくくなり、加えて後ろに腕もまわしにくくなってきた。

整形外科や接骨院に行くものの変化が感じられず、11月になり当院にご来院された。

 

施術

全3回

肩関節の動きの起点となる首の反応をとる足のツボ

腕を上げにくくしている原因点となる足のツボ

腕を後ろにまわすと腕の前側痛む際に有効な背中のツボ

などを取っていくことで回を追うごとに腕を上にあげたり、後ろにまわしたりしても生活には支障が出なくなってきた。

 

ツボ

左申脈、左胸椎のツボ、左足太陽

 

考察

揉んだり、電気を流したり痛いところを追っても改善にはたどり着きにくい案件であったと言えます。

この場合、本質的に問題となっている場所を動きから導き出して適切なツボにアプローチをしていくことが非常に大切となります。

同じように肩が上がらない、後ろにまわせないとお悩みの方のお力になれれば幸いです。

 

施術のお問い合わせはこちら

フルミチ鍼灸院

愛知県あま市古道長田451−1

052-770-4154

左肩石灰沈着性腱板炎 40代女性 鍼灸治療症例報告

左肩が痛くて腕が上がらない

ある日突然、左肩が上がらなくなったという40代女性

その後病院に行きました。

レントゲン撮影の結果『左肩石灰沈着性腱板炎』という診断が下り、患部への注射と痛みどめで様子を見ることに。

肩の状態は一向に変わらず、「痛みが出たらまた来てください」と言われるだけだったそうです。

 

いや。

痛みが出たらって・・・

全然変わらないんですが・・・

 

そう思い。

鍼に賭けてみようと思い、当院にいらっしゃいました。

 

当院での変化

当院では鍼灸の施術を行いました。

初回と4回終了時の変化を載せさせていただきます。

初回施術前、肩を横から上げるのがほんの少ししか上がりませんでした。

病院の注射はこの症状の場合、なかなか厳しいのかなぁと率直に思いました。

初回〜2回目までは全くビクともしなかったので汗が出ましたが3回、4回と変化が出てこのようにスムーズに肩が上がるようになりました。

改めて鍼灸は素晴らしいなぁと僕自身が本当に勉強になることばかりです。

 

肩が良くなって良かったですね!

ではよきお盆をお過ごしください。

 

施術のお問い合わせはこちら

スギヤマ治療院〜古道院〜

愛知県あま市古道長田451-1

052-770-4154

ニュース


2020年3月24日 新型コロナウィルスにおける当院の対応・臨時休診の可能性について 詳しくはこちらをお読みください»

2020年2月4日 腰痛解決・病院では教えてくれない【連動】による鍼灸アプローチ 長年腰痛でお悩みの方は人生が変わります!
病院ではお話しされない腰痛が解決する当院独自の『連動』理論を徹底解説しております。
ぜひご覧ください。

ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る